文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市、毎週土曜日に星が輝く夜景と物語が詰まった「ハンガン(漢江)夜景ツアー」を運営

    SMG 333
  • ソウル市、毎週土曜日に星が輝く夜景と物語が詰まった「ハンガン(漢江)夜景ツアー」を運営
    パンポ(盤浦)ハンガン(漢江)公園 ソレ島の夜景
    パンポ(盤浦)ハンガン(漢江)公園 ソレ島の夜景
    月光虹噴水
    月光虹噴水 月光虹噴水

    ソウル市は2018年7月28日~10月27日間の毎週土曜日夜8時、パンポ(盤浦)ハンガン(漢江)公園にて、夜景の中に秘められている歴史・文化の物語を聞くことができる「ハンガン(漢江)夜景ツアー」を運営する。運営時間は夜8時から9時30分までである。ツアーは1回あたり40名ずつ参加者を募集し、参加者20名につき解説士1名が1組となってツアーを進行する。

    「ハンガン(漢江)夜景ツアー」の見どころとして、美しい夜景の中に隠れている歴史・文化の物語を語り聞かせる「専門解説士の物語」を挙げることができる。解説士はきらめく夜景の中に秘められた光と色彩、ハンガン(漢江)の橋、周辺の建築物、ソレ島と月光虹噴水など、これまでなじみ深かった景色にまつわる、知られざるソウルの夜の物語を次々に語る。

    運営されるコースは △静かに夜景を見ながら思いにふけることができる「ソレ島」からスタートする。△花をモチーフにして造成した「セビッ島」のメディアファサードで目の保養をして △世界最長として2008年にギネス世界記録に登録された「月光虹噴水」の下で華やかな照明と音楽、噴水の演出を楽しむという構成である。

    「ハンガン(漢江)夜景ツアー」参加者のための特別フォトゾーンおよびイベントも用意されている。夜景ツアーが進行する時間(期間中の毎週土曜日、8時~9時30分)にのみ限定で見ることができる「ロマンチック夜景フォトゾーン」で、ハンガン(漢江)の夜景をバックに写真を撮ってみよう!

    「ハンガン(漢江)夜景ツアー」は、夜間に開催されるイベントのため成人(満19歳以上)を対象に募集されるが、保護者がともに参加する場合には子供を同伴した家族で申請することもできる。参加費は無料で、参加申し込みは7月20日(金)からソウル市公共サービス予約システム(http://yeyak.seoul.go.kr)を通じて申請できる。ツアー1回あたりの定員は40名で、先着順に申請が締め切られる。

    お問い合わせ:82-70-7791-2759