Go to Main Content

福祉/健康/安全ニュース

A A
  • ソウル市、新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者搬送が大幅減少 ~マスク、手紙など市民から応援~

  • SMG 744

    ソウル市消防災難本部は、『119救急隊を通じて新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者を計2,843人(3月23日現在)搬送し、そのうち43人が新型コロナウイルス感染の確定判定を受けた』ことを明かした。

    ※ 119救急隊による新型コロナウイルス感染症関連の活動状況
    (期間:3月9日~3月20日)

    119救急隊による新型コロナウイルス感染症関連の活動状況
    区分 累計(人)
    (1月24日~3月23日 07:00基準)
    3月第2週 3月第3週
    8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
    感染の
    疑いがある
    患者の搬送(人)
    2,843 1,075 59 81 123 85 80 92 67 74 81 72 63 65 65 68
    感染確定
    患者(人)
    43 27 0 5 4 5 4 0 1 1 4 3 0 0 0 0

    出典:ソウル市消防災難本部

    感染の疑いがある患者の搬送などにより、3月23日午前9時現在、計27人の消防公務員が感染観察・自己隔離中だ。

    保持社会距离
    トボン(道峰)消防署の「社会的距離の確保」実践 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
    職員食堂にはパーテーションが設置された。
    (チュンブ(中部)消防署)

    なお、新型コロナウイルス感染症の現場で奮闘している119救急隊員の感染危険性の遮断とともに、職員同士の感染防止のための「社会的距離の確保」対策も講じられている。

    social distancing
    3月18日に匿名のお父さんと子ども(6~7歳)が
    ソンパ(松坡)消防署を訪れて手紙と一緒に
    「苦労している消防官の方々にマスクを届けたい」と
    贈ったマスク43枚
    3月23日にカンナム(江南)区所在のハクトン(鶴洞)
    小学校在学の兄弟がカンナム(江南)消防署に贈った
    マスク21枚と「消防官のおじさん頑張ってください」と
    書かれた応援の手紙

    新型コロナウイルス感染症患者の搬送のため現場で活動している119救急隊員に対する応援とともに、「現場活動中に使ってほしい」とマスクの寄付が相次いでいる。

    市の消防災難本部は、『3月22日、カンソ(江西)消防署にもカヤン(加陽)小学校2年生が感謝の手紙といっしょに、これまで集めてきたマスクを贈ってくれた』ことを明かした。また、『3月23日には、カンナム(江南)区所在のハクトン(鶴洞)小学校在学の兄弟がカンナム(江南)消防署を訪れ、マスク21枚と「消防官のおじさん頑張ってください」と書いた手紙を贈った』ことを明かした。