市長動静

A A
  • ソウル市、市民に開かれたはじめての「ソウル特別市長オンライン就任式」を開催

    SMG 761
  •     ソウル市は11月16日午前11時から40分間、ソウル市庁西小門別館1棟7F市長執務室においてインターネット生中継で「第35代朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル特別市長就任式」を開催する。 今回の就任式は「市民こそ市長」というスローガンのもと、ソウル市民がすべて市長となるというコンセプトで行われる。

        今回の就任式では異例に、朴市長一人で執務室において生中継で行い、最近整備した市長の執務室と内室も公開する。

        市長室がソウル市民に公開されるのははじめてのことであり、これは市長の権威と栄光を市民に返すという意味があるという。

        また、朴市長は「国民儀礼」の時、国歌を歌い、オンラインで市民とともに就任の宣誓と就任演説を行う予定である。朴市長が就任演説を行う間、市民も自分の就任演説「私も市長」をインターネットやSNSを通じて掲載することができる。これは、ソウル市長就任の栄光を市民がともに分かち合うという意味合いがある。

        オンライン就任式が終了してから朴市長は徳寿宮(トクスグン)・大漢門(テハンムン)前に場所を移し、ソウル市民との触れ合いの時間を設ける。これはオンラインに不慣れな市民にも配慮してのことである。

        ソウル市はオンライン就任式と関連して、11月14日から18日まで5日間、ソウル市のホームページ(www.seoul.go.kr)を通じてオンライン就任式サイトを運営する。

        ソウル市はインターネットに不慣れな年配の方やパソコンを持っていない人でも参加できるよう、「いっしょに見る」キャンペーンを実施し、ホームページに「いっしょに見る」キャンペーン参加の写真とUCC(user created content)などのアップロードができるなど、市民が参加できるコーナーを設ける。

        就任式当日の16日には就任の宣誓、就任演説、オンライン参加者との質疑・応答など、式のすべてがオンラインで生中継される。

        ソウル市のホームページからはもちろん、NAVER、Daum tv pot、ollehオンエア、パンドラTV、アフリカTVからも同時中継される。

        ソウル市は就任式の終わった後の二日間(17~18日)、市民参加コーナーや「面白い参加内容を見る」コーナーを運営し、関連コンテンツを市長室ホームページに掲載することにより、就任式の余韻を市民とともに味わう計画である。

        朴元淳ソウル市長は「多数の市民とともに行う今回の就任式は、単なる儀式で終わるのではなく、クリーンな行政と市民参加を実践する上で重要な象徴となるはず」とし、「ソウル市は市民が主だという初心を忘れずに市政を運営していく方針だ」と述べた。

    オンライン就任式生中継URL:mayor.seoul.go.kr(モバイルウェブ:m.seoul.go.kr)

    ※韓国語のみ