Go to Main Content Go to Footer Content

経済ニュース

A A
  • ソウル市、小商工人向け決済サービス「ソウルペイ」の導入を推進

  • SMG 148
    image_pdfimage_print

    ソウル市

    ソウル市は、政府、銀行、民間の決済事業者と協力して66万のソウル小商工人にクレジットカード手数料の負担を軽減できる「ソウルペイ(小商工人簡単決済サービス)」を実施する。

    小商工人簡単決済サービスはこれまで0.8~2.3%に達していた決済手数料を0%台に抑えることで、小商工人の経済的不安を軽減させる制度だ。政府、ソウル市、銀行、民間の簡単決済業者が協力して導入するモバイル簡単決済サービスである。QRコードにより消費者と販売者をつなぎ、消費者の口座から販売者の口座に金額を送金する決済方式だ。

    消費者がスマートフォンアプリを通じて売場に設置された「QRコード」を認識して金額を入力すると、消費者の口座から販売者の口座に決済金額が送金される。別途のアプリをインストールする必要なしに民間の簡単決裁アプリを利用するシステムで、デビットカードの決済方式と似ている。小商工人にとっては手数料の負担が一気に軽くなり、消費者にとってはクレジットカードやチェックカードよりも高い40%の所得控除の特典が与えられる予定だ。

    ソウル市は12月の中旬からサービスを開始するために簡単決済サービスを導入する加盟店を募集している。