Go to Main Content

中核政策ニュース

A A
  • ソウル市、安心して利用できる施設には「クリーンゾーン」シールを貼付

  • SMG 510
    Multiuse Facility
    公共利用施設 – この施設はソウル市がすでに防疫を完了しており、定期的に追加防疫を実施いたします。
    Facility with Confirmed Visits by Patients
    確定診断者の訪問施設 – この施設はソウル市がすでに防疫を完了しています。

    ソウル市は、委縮してしまった景気を回復させ、過度な不安ムードを払拭させるべく、公共利用施設と確定診断者が訪問した施設には徹底した防疫及び保健環境研究院による検査を実施し、クリーンゾーン(防疫安心施設)シールの貼付を行うとともに、近く街頭に横断幕を掲げる。

    これまでは、感染に対処するために確定診断者の動線及び訪問した店舗名を公開してきた。感染を予防するために注意をするのは当然のことではあるが、消毒を済ませ、隔離期間も充分経過したにもかかわらず、確定診断者が訪れたという「烙印」が押されたままになっている。このような問題を解消するため、ソウル市は「クリーンゾーン」の認証に乗り出した。確定診断者が訪問した場所ではあるが安全が立証されている店舗は、案内シールを貼り付けて表示することができる。また、確定診断者が訪れたことにより臨時休業した店舗に対しては全面的な支援を行う予定だ。

    公共利用施設及び確定診断者訪問施設について、空気中試料14個、表面接触試料100個前後を検査してウイルスの有無を確認する。徹底した防疫消毒を完了した施設のみが「クリーンゾーン」シールを貼り付けることができるため、このステッカーが貼り付けられた施設は安心して利用することができる。