ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウル市、大学生と外国人が徒歩観光コースを開発する公募展を施行

    SMG 1307
  •     ソウル市は、大学生と外国人が直接シナリオを書いて現場を体験し、ソウルの観光コースを開発するユニークな公募展を6月15日から2ヶ月間開催する。

        「2011年大学生と外国人と共にソウル市徒歩観光シナリオ公募展」は、1次と2次に分けて実施される。

        第1次公募展は、外国人とチームを組んだ大学生が、ソウルの主要テーマ別(文化、IT、ショッピング、エコなど)徒歩観光コースシナリオをストーリーテリング形式で書いて応募する形式だ。

        第2次公募展は、第1次で選抜された50チームのみが参加できる。当選したシナリオに合わせて、チームごとに実際の「1日の徒歩観光体験」後に修正シナリオ、写真‧UCCなどのマルチメディアデータなどを提出する。このうち4チームを選抜し、最優秀賞1チームには賞金200万ウォンと賞状、優秀賞3チームには賞金50万ウォンと賞状が授与される。

        第1次公募期間は6月15日から7月18日までで、7月27日に第1次に選ばれた50チームが「1日徒歩観光体験」を行う計画だ。第2次は7月28日から8月4日まで行われ、8月18日に授賞式が行われる。詳細は、公募展ホームページ(walkingtour.visitseoul.net)、または公募展事務局(☏3788-8123、724-7783)まで。