Go to Main Content Go to Footer Content

交通ニュース

A A
  • ソウル市、大型貨物車の「居眠り防止装置」装着に対する支援を拡大

  • SMG 179
    image_pdfimage_print

    居眠り運転による交通事故が相次いだことにより、貨物車などの大型車両に対する車線逸脱警告装置(Lane Departure Warning System)の設置が義務化された中、ソウル市が2018年に続いて2019年も設置費用の支援を行い、交通安全の強化に取り組む。

    車線逸脱警告装置とは、居眠り運転など運転者の意思によらない車線の逸脱を検知して運転者に視覚・聴覚・触覚などの警告を与える装置である。自動車の前方カメラ、方向指示器のスイッチ、ステアリングセンサー、車速センサーなどにより逸脱の有無を検知する。

    2019年、ソウル市は登録された計5,700台あまりの貨物・特殊自動車を対象に、国・市の費用を1対1で分担して計22億7千万ウォンを車線逸脱警告装置の装着を支援するために提供する。

    装置の費用(装着費用を含む)の80%を支援し、1台あたり最大40万ウォンまで補助する。車両の総重量が20トンを超える貨物・特殊自動車のうちダンプ型の貨物自動車*、被牽引自動車は支援対象から除外される。

    車線逸脱警告装置の義務化による補助金の支援事業は2019年まで行われる。市は、支援予算が早期になくなる可能性があることから、できるだけ上半期に設置を完了するよう推奨している。2020年からは関連法に従い、未装着の車両には過料が科せられる予定だ。

    居眠り防止装置
    車線逸脱警告
    <車線逸脱警告>
    車線認識の様子
    <車線認識の様子>
    カメラ及びディスプレイ
    <カメラ及びディスプレイ>