Go to Main Content Go to Footer Content

中核政策ニュース

A A
  • ソウル市、南北首脳会談の成功をともに祈願する

  • SMG 55
    image_pdfimage_print
    ソウル市、南北首脳会談の成功をともに祈願する
    < ポスター > < ソウルスクエアのメディアファサード >
    ポスター ソウルスクエアのメディアファサード

    ソウル市は、2018年9月18日~9月20日にピョンヤン(平壌)で開催される南北首脳会談に前後して、できる限りの手段を活用してソウル全域に平和の雰囲気を広める計画だ。

    ソウル図書館には大型横断幕を掲げ、25の自治区庁舎の外壁には大型の韓半島旗を設置する。ソウルロ7017の横にあるソウルスクエアのメディアファサードには、韓半島旗、鳩、握手の画像を組み合わせた映像を流し、セジョン(世宗)文化会館の中央階段は、統一を希望するメッセージで飾られる。セジョンデロなどの主な道路沿いには、韓半島旗を掲げる予定だ。

    市民の誰もが一緒に歴史的な瞬間を観覧できるよう、首脳会談を生中継で送る大型LEDスクリーンは、ソウル広場をはじめ、クァンファムン(光化門)広場の南側やDDPにも追加設置される。ソウル広場南の花壇周辺には、花と植物でデザインした韓半島旗を設置する。クァンファムン(光化門)広場のイ・スンシン(李舜臣)将軍銅像前には、春に開かれたパンムンジョム(板門店)南北首脳会談で両首脳が散歩しながら歴史的な会話を交わして話題を集めた「徒歩の橋」が再現される。市民はあの日の感動をリアルに再体験し、写真に残すこともできる。

    ソウル市は、第三次南北首脳会談の成功を祈願して平和の雰囲気を広める一方で、韓国内外の記者たちのためのプレスセンターをDDPで運営する。

    今回の南北首脳会談の成功を祈るソウル市の支援イベントには、▴市民への広報、▴市民参加プログラムの実施、▴韓国内外からの取材記者に対するサポートがある。