Go to Main Content Go to Footer Content

経済ニュース

A A
  • ソウル市、中国投資者を招待して企業の投資誘致を支援

  • SMG 139

    ソウル市は2019年10月、中国の投資者をソウルに招待し、ソウル所在の有望で競争力のある創業企業・中小企業が中国の投資者から投資を受けるとともに、後に中国市場に進出できるようサポートする「中国投資協力週間」イベントを開催する。

    2019年で4回目を迎える「中国投資協力週間」は、同市が、ソウル市所在の企業と中国の投資者をマッチングして企業への投資を誘致するとともに、中国市場へ進出するまでをサポートする事業である。2016年から2018年までソウル市所在の企業13社と中国の投資者との投資マッチングを成功させ、投資に関するMOUの締結まで支援した。

    2019年の「中国投資協力週間」イベントはソウル市で開催される。そこで同市は、10月17日と18日の2日間にわたりウェスティン朝鮮ホテルで開催される「中国投資協力週間」に参加する企業20社を募集する。募集期間は2019年7月16日まで。

    ソウル市所在の創業企業・中小企業のうちICT/SW、IoT、エネルギー、融合・複合コンテンツ、プラットフォーム関連の企業なら誰でも申し込み可能。また、成長潜在力と経済成長への貢献度の高い産業や地域革新に中心的な役割ができる産業、そして技術・知識集約型産業や立地優位性を生かした産業に関連する創業企業・中小企業も参加申し込みができる。

    本イベントへの参加申し込みは、募集・告知を代行する「プレイングローバル」の電子メール(sciw2019@prain.com)に送信またはホームページ(http://naver.me/5UjglMbj)にて申し込む。

    ソウル市、中国投資者を招待して企業の投資誘致を支援

    参加企業の選抜は客観的かつ公正な審査を2回にわたり行う。最終的に選抜された企業は、7月22日ソウル市ホームページに掲載される。ソウル市は本イベントに参加するソウル市所在の企業と中国投資者との投資マッチングの成功率を最大限に高めるため、中国投資者の投資需要に応じて参加企業を選抜する予定だ。そして選抜された企業に関心を持つ中国投資者を発掘し、競争力のあるソウル市所在企業への外国人投資誘致を積極的にサポートする。

    10月のイベントに先立ちソウル市では、7月から10月までの3か月間、参加企業に選ばれた20社を対象に、「中国投資協力週間」で実際に投資が誘致できるよう、コンサルティング専門機関による体系的な1対1コンサルティングや投資提案書の作成など専門的なコンサルティングを提供する。

    そして10月には、イベントに参加する企業20社に対して投資意向を示した中国投資機関20社以上を招待し、ソウル市投資説明会、参加企業デモデイ、参加企業-中国投資者間1対1投資商談会を開催する。

    今回のイベントで注目すべき内容は、中国の革新的な技術創業分野のアクセラレーターやオンライン・オフラインのメディアらが招待された点だ。ソウル市所在の革新創業・中小企業が中国からの投資だけでなく、アクセラレーターなどの協力のもと、今後中国市場に進出できる機会が得られるものと期待される。

    さらにソウル市は、「中国投資協力週間」をソウル市で開催するだけに、同市が2019年に力を入れて育成しているソウル創業ハブ、ソウルバイオハブなど新しい成長産業クラスタを中国投資者にファムツアーで紹介し、ソウル市所在の企業と中国投資者間の接点をさらに拡大していく計画だ。