福祉/健康/安全ニュース

A A
  • ソウル市、モンゴルの医療観光市場の開拓に取り組む

    SMG 1544
  •     
    ソウル市とソウル観光マーケティング㈱は付加価値の高い観光産業として注目を集めている医療観光市場を開拓するために、7月16日、モンゴルにおけるソウル医療観光説明会を開催した。この説明会は4つの自治区の特化した医療サービスを選別し、12の西洋・韓方医療機関と共同で開催された。

        
    今回の説明会では医療観光客を誘致するため、ソウルの4つの自治区(中区、江西区、瑞草区、江南区)と海外の医療観光客の誘致に競争力のある優れた12の医療機関が共同参加し、世界的レベルのソウルの医療観光システムについて広報活動を行った。

        
    ソウル市はとくに、自治区別に競争力のある医療サービス分野を選び、重点的に広報した。自治区別特化分野を挙げると、「中区-韓方」、「江西区-脊椎/女性疾患」、「瑞草区・江南区-美容整形/皮膚」であり、このような特化分野を中心に、モンゴル現地の医療観光の誘致業者および医療機関関係者を対象に積極的に広報した。

        
    モンゴルの場合、2012年の医療観光客数は、11年比255.6%増加した8,347人であり、医療観光を目的に韓国を訪問する外国人が中国、アメリカ、日本、ロシアに続き五番目に多い国である。モンゴルの患者は、肝臓、腎臓、脳血管の疾患で韓国を訪れたケースが多く、最近では健診や美容整形のために訪れるケースも増えつつある。

        
    今回の説明会では、競争力のあるソウルの医療機関とモンゴルの医療観光エージェント、旅行代理店、モンゴル国立病院を含む医療機関の関係者と1:1で相談を行い、ソウルからの参加病院は各機関の保有するおすすめの医療商品や周辺の観光資源を紹介し、広報した。