メインコンテンツに移動
T T

ニュース

  • ソウル市、ペルーの首都リマがICTハブ都市へと大きく成長できるようサポートする…スマートシティ政策を共有

  • ソウル市総合ニュース SMG 440

    オ・セフン(呉世勲)ソウル市長は、ペルーのホルヘ・ムニョス・ウェルズ(Jorge Muñoz Wells)リマ市長と、11月25日(木)午前8時30分、オンライン上にて「ソウル市スマートシティ協力業務協約式」を開催した。

    中南米33か国のうち経済規模6位を誇るペルーの首都リマは、最近急激な都市化によって治安や交通問題など様々な都市問題を抱えているが、これを解決する方法として、ソウルの都市発展経験を高く評価し、ソウル型スマートシティモデルの導入を希望したため、現地にある韓国公館の支援の下、リマと緊密に協力を論議してきた。

    今回の業務協約を通じて、市はこれまで蓄積してきた世界水準のスマートシティ政策策定の経験とノウハウを、中南米の橋頭保であるペルーのリマに伝授する。このことにより、ソウルが国際社会から尊敬される品格ある都市として、都市競争力強化に貢献するものと評価することができる。

    協約内容は、ソウルのスマートシティ政策をもとに、リマに▲市民安全、▲公共交通インフラ、▲デジタルなど3つの分野で発展するための中長期開発戦略の策定と能力強化研修を支援することを要としている。

    オ・セフン(呉世勲)ソウル市長は、歓迎の辞において、過去に韓国国際協力団(KOICA)諮問官としてリマと結んだ特別な縁について言及し、ソウルのスマートシティ政策と運営ノウハウについてリマと積極的に共有することを強調したほか、ソウルのスマートシティ政策をベースにリマがさらにスマートな都市へ発展していくことを願っていると強調した。

    ホルヘ・ムニョス・リマ市長は答辞において、ソウルのスマートシティモデルは、中南米国家のロールモデルであると述べ、今回の業務協約締結を通じて、両都市がスマートシティ分野における協力をますます強化していくことを希望していると語った。

    なお、ソウル市は、海外で需要の高い交通、スマートシティなどソウルの優秀政策を、ODA財源などを活用して海外都市と共有している。現在までに、海外34か国60都市・機関に、89件8,048億ウォン規模の政策を輸出している。最近は、ウクライナのキエフ、エクアドルのグアヤキルなどから、ソウル市スマートシティ分野の政策共有の要請を受けて、優秀政策の海外進出事業を推進しており、今後も、海外都市とのスマートシティ協約を拡大していく予定だ。

    ソウル市、ペルーの首都リマがICTハブ都市へと大きく成長できるようサポートする…スマートシティ政策を共有