文化/観光ニュース

A A
  • ソウル市、チュンナン(中浪)キャンプの森公園に造成したウォーターパークを8日より本格的にオープン

    SMG 133
  • 連日続く酷暑の中、夏の最後を飾るバカンスを計画しているなら、リニューアルされたチュンナン(中浪)キャンプの森公園でユニークかつ涼しい避暑を楽しむのはいかがだろうか。

    [チュンナン(中浪)キャンプの森「水遊び場」をオープン]

    チュンナン(中浪)キャンプの森公園内の芝生広場では新しくなった「水遊び場」が8月8日(水)より市民に開放される。既存の子ども遊び場を改装し、ウォータースライダーなどの遊戯施設や水中トンネル、床噴水などさまざまな水遊び施設を設置した。

    この度オープンする水遊び場は、市民に多彩な見どころと楽しみどころ、都心の憩いの場を提供するために造成された。特に、子どもたちが主な利用層となる水遊び施設である以上、安全および水質を徹底的に管理し、安心して利用できるようにする計画だ。

    チュンナン(中浪)キャンプの森水遊び場は毎日午前11時から午後5時まで(休場日:毎週月曜日)、40分稼動してから20分休憩時間を設けるという方式で運営される。年齢制限がなく(7歳未満の利用は保護者同伴)、先着順に無料で利用することができ、利用人数や気象状況などを考慮しながら弾力的な運営を行う計画だ。

    [チュンナン(中浪)キャンプの森「水遊び場」をオープン]
    水遊び場 床噴水
    水遊び場 床噴水

    [「2018チュンナン(中浪)キャンプの森・星の夜の家族シネマ」を開催]

    水遊び場オープンの翌日である8月9日(木)から11日(土)までの3日間、チュンナン(中浪)キャンプの森芝生広場では「2018チュンナン(中浪)キャンプの森・星の夜の家族シネマ」を開催する。チュンナン(中浪)キャンプの森芝生広場は映画館に、水遊び場は野外水中キッズカフェに、チュンナン(中浪)の森は生態体験空間に変身する。公園全体が映画館と遊戯施設などを備えた自然の中のマルチプレックス(multiplex)施設になるのである。

    新しく開場される水遊び場は安全管理要員を配置し、照明を設置してイベント期間中には子どもたちが遅い時間(午後5時~午後10時)まで利用できるよう、遊びの雰囲気を造成する。その他にも、多彩な体験ブース(午後5時~午後10時)と夜間昆虫探索(午後7時~午後9時)などのプログラムを運営し、夏休みを迎えた子どもたちが公園で思いきり遊びまわれるように造成した。

    午後8時からは「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(9日)」、「美女と野獣(10日)」、「モアナ(11日)」を上映することで、市民がレジャーシートやおやつなどを持参すれば、真夏の夜のロマンを満喫しながら映画を観覧することができるようになる。

    ドリンクおよび軽食のフードトラック(2台)も用意される予定で、公園という場所の特性上、ゴミは出さずに持ち帰るというエコなイベントとして開催される。

    公園を訪問する市民なら誰でも自由にイベントに参加できる。より詳しくは、ソウルの山と公園 (http://park.seoul.go.kr)ホームページまたは中部公園緑地事業所公園余暇課(☎3783-5993)に問い合わせることで確認できる。

    「2018チュンナン(中浪)キャンプの森・星の夜の家族シネマ」を開催
    映画上映 野外キッズカフェ 夜間昆虫探索
    映画上映 野外キッズカフェ 夜間昆虫探索