メインコンテンツに移動
T T

経済ニュース

  • ソウル市、スタートアップのグローバル成長拠点1号「ソウル創業ハブ・ホーチミン」オープン

  • ソウル市総合ニュース SMG 238
    「ソウル創業ハブ・ホーチミン」がベトナムにて開館した。

    「ソウル創業ハブ・ホーチミン」は、海外政府機関の積極的な協力のもと、ソウル市のスタートアップ企業の海外進出を支援する海外現地の拠点である。これはソウル市のスタートアップ育成プログラムを海外で行うという、初の創業支援政策輸出事例であり、「ソウルのスタートアップグローバル拠点第1号」となる。

    市は今後、ベトナムでの創業を希望するソウル市所在のスタートアップ企業を現地の状況に合わせて支援する。例えば事務所の提供、ビジネスの事業化、現地企業との技術交流・ネットワークの構築、投資家とのマッチング、海外法人の設立など総合的な支援を行い、企業の海外進出の成功をサポートする。

    同市は特に、スタートアップ創業や取引規模において史上最高値を記録し急成長しているベトナム市場に注目している。同市はこれまでも韓国のスタートアップ企業の海外進出を支援し大きな成果を揚げてきたが、今回は海外現地に拠点を開設し、ベトナム企業とのネットワークの構築や技術の商用化につなげていく計画だ。

    最近ソウルのスタートアップ企業が海外からの大規模な投資を受けるなど国際競争力が高まっているだけに、海外政府や国際協力機構などの公共機関をはじめ、グローバル企業や海外専門投資機関のような民間分野との協力関係を強化する計画だ。

    実際に同市は、2019年から中国青島市などの海外政府やシンガポールのアクセラレーター(LongHash)などの海外民間投資機関、産業分野別専門機関と連携し、ソウルのスタートアップ企業の技術の需要が高いアジア地域を中心に海外進出を支援してきた。

    ソウル市、スタートアップのグローバル成長拠点1号「ソウル創業ハブ・ホーチミン」オープン
    ソウル創業ハブ・ホーチミンの全景 出入口の全景
    ソウル創業ハブ・ホーチミンの全景 出入口の全景
    コワーキングスペース ソウル創業ハブ・ホーチミンのロゴ
    コワーキングスペース ソウル創業ハブ・ホーチミンのロゴ