Go to Main Content Go to Footer Content

環境/エネルギーニュース

A A
  • ソウル市、アウディ・フォルクスワーゲンコリアと通学路への緑地造成MOUを締結

  • SMG 194

    ソウル市は、22日(火)、アウディ・フォルクスワーゲンコリア及び財団法人韓国社会投資との間で、学校周辺の環境を快適かつ安全なものに変化させる「夢見るグリーン通学路プロジェクト」を推進するための業務協約(MOU)を締結した。

    今回の協約は、2019年から2021年までの3年間、ソウル市の小・中・高校の通学路の中で事業効果が高い対象地を毎年1か所以上選定し、環境を改善するための緑地を造成してグリーン文化を普及させるなど相互に協力していくという方針が骨子をなしている。

    「夢見るグリーン通学路プロジェクト」は、各種大気汚染やPM2.5などによるさまざまな疾病と交通事故のリスクにさらされている学生がより安全かつ健康に成長できるよう緑地を造成し、歩行環境を改善する事業である。2021年までの3年間にわたって約10億ウォン規模の総事業費で取り組まれる。

    事業対象地としては ▲街路樹および緑地帯の造成が可能な場所、▲塀や擁壁などに壁面緑化が可能な場所、▲道路の車線数または車線幅の縮小により歩行および緑化空間の確保が可能な場所などについて検討する方針である。

    一方、ソウル市は企業の社会貢献活動と連携した多様な都市緑化事業を推進した結果、これまで6年間に153の企業で約120億ウォンの民間資本を誘致するなど、少なからぬ成果を挙げている。

    「夢見るグリーン通学路プロジェクト」業務協約(MOU)締結計画

    「ソウル、花咲く」キャンペーンと関連する企業の社会貢献活動(CSR)の一環として、アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株)及び(財)韓国社会投資と「夢見るグリーン通学路プロジェクト」協約を締結し、通学路の大気汚染低減および環境改善を図る。

    • 協約の概要
      • ○ 日時:2019年1月22日(火) 15:00~15:30
      • ○ 場所:ムギョ(武橋)別館9階会議室
      • ○ 協約当事者:ソウル市、アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株)、(財)韓国社会投資
    • 協約の内容
      • ○ 夢見るグリーン通学路プロジェクトに基づく相互共同協力
        • – 協約期間:2019年~2021年5月31日(3年間)
        • – 内容:小・中・高校の通学路について緑化などの環境改善(約10億ウォン)
      • ○ 役割分担
        • – ソウル市:事業の共同企画、行政支援及び事業広報
          (自治区と協議して敷地の提供及び各種認可・許可手続きなどの行政業務を支援)
        • – アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株):事業の共同企画、事業の実行・管理および予算支援
        • – (財)韓国社会投資:細部計画の樹立および事業の実行、専門家によるコンサルティング
    • 進行順序
      進行順序
      14:40 当事者到着
      (20′) 歓談 ◦場所:グリーンシティ局長執務室
      ◦出席者:局長、アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株)グループ総括社長、(財)韓国社会投資代表
      15:00 協 約 式 (20′) ◦場所:ムギョ(武橋)別館9階会議室
      (3′) 開会及び来賓紹介 ◦司会:造景協力チーム長
      (7′) 当事者のスピーチ ◦順序:アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株)、(財)韓国社会投資、ソウル市
      (5′) 協約書への署名・交換 ◦アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株)、ソウル市、(財)韓国社会投資
      (5′) 記念撮影 ◦アウディ・フォルクスワーゲンコリア(株)、ソウル市、(財)韓国社会投資
      15:20 協約式終了

    ※ 協約式での写真は行事後に配布