Go to Main Content Go to Footer Content

文化/観光ニュース

A A
  • ソウルバトルシップ公園で迎春イベントを開催

  • SMG 208

    ソウル市は4月21日にソウルバトルシップ公園で「海軍招待公演」を開催、次いで5月4日には家族みんなで楽しめる体験プログラム「子どもの日イベント」を開催する。

    ソウルバトルシップ公園は、1984年から30年余りの任務を終えて退役した護衛艦級の「ソウル艦」をはじめ、高速艇「チャムスリ号」、潜水艦「トルゴレ号」など3隻の退役軍艦を中心にハンガン(漢江)の歴史的な意味や平和・安保について今一度深く考えようという目的で2017年11月、マンウォン(望遠)ハンガン(漢江)公園に造成された。

    ①「海軍招待公演」
    4月21日午後2時から3時半までの90分間、ソウルバトルシップ公園の多目的広場にて「海軍招待公演」が行われる。サムルノリやマジックショーなど各種公演も行われる予定。

    また、5月4日午後2時から5時までは「子どもの日イベント」を開催、オープニングに20人の海軍儀仗隊が長い列を作ってパフォーマンスを披露する。その後、多目的広場と公園一帯でマジックショー、バブルショー、バスキングなど家族みんなで楽しめる様々なプログラムが繰り広げられる。

    ② 海軍艦長のガイドプログラム、バスキング、戦闘糧食体験など人気プログラムを常設運営
    ソウルバトルシップ公園に展示されている3隻の軍艦で30年間勤めた経験のある海軍艦長が、ソウルバトルシップ公園を案内しながら軍艦の歴史や各艦艇の特徴などを詳しく説明する「ガイドプログラム(80分)」が常に多くの市民から人気を集め、今回から常設運営される。「ガイドプログラム」は、平日には2回(11:00、14:00)行われ、週末には1回(11:00)一般解説で行われる。

    4月からは毎週土曜日午後3時に案内センター、多目的広場、ソウル艦などでゲリラコンサート形式の「バスキング」公演が繰り広げられる。

    また、ソウル艦の兵士食堂では、子どもたちには好奇心の対象であり大人たちには思い出である「戦闘糧食体験」が平日1回(12:00~13:00)、週末には2回(12:00~1300、16:30~17:30)運営される。ここでは乾パン(米/小麦)、加熱袋入り牛丼やキムチビビンバなど13種類のメニューを体験できる。ソウルバトルシップ公園で行われる迎春プログラムは無料。事前予約なしでもイベントの時間にあわせて現場に着けばすべての公演を観覧できる。

    交通アクセス:地下鉄2・6号線ハプチョン駅でマウルバス16番に乗車、または6号線マンウォン駅でマウルバス9番に乗車し、「マンウォン(望遠)ハンガン(漢江)公園・ソウルバトルシップ公園」で下車した後、ハンガン(漢江)公園方向に徒歩で移動

    お問い合わせ:
    ソウルバトルシップ公園ホームページ(http://seoulbattleshippark.com)
    電話番号(☏ 82-2-332-7500)

    <海軍招待公演>

    海軍招待公演
    海軍軍楽隊の管楽オーケストラによる演奏 海軍声楽家による公演
    海軍軍楽隊の管楽オーケストラによる演奏 海軍声楽家による公演
    サムルノリ 海軍軍楽隊によるナンタ公演
    海軍軍楽隊によるナンタ公演 サムルノリ