プレスリリース

A A
  • ソウルグローバル文化体験センターで韓流の伝統文化を楽しもう!

    SMG 472
  • - ソウルグローバル文化体験センター(明洞)、 家庭の月・5月を迎え外国人住民向けイベント満載
    - カリグラフィー、民画ドローイング、子ども韓服体験、韓紙カーネーション作り、書堂体験など
    - 対象に合わせた伝統文化・最新韓流文化体験プログラムの通年運営
    - センター施設の貸し出しにより、外国人住民コニュニティーのイベントや集いなどを活発に支援


     

    □ 扇子にハングルの名前を書いてみるカリグラフィーや韓国伝統染料を使って描く民画クラス、父母の日に贈る韓紙のカーネーション作り、書堂(日本で言う寺子屋のような町内の教育機関)の先生に教わる礼儀作法や書道の体験クラスなど、ソウル市が家庭の月5月を迎えソウルグローバル文化体験センターで外国人住民や外国人観光客向けの様々な文化プログラムを実施する。

    □ ソウル市が運営するソウルグローバル文化体験センターはソウルの中心地のひとつ、明洞に位置しており、2009年3月に開館した。同センターは訪韓外国人観光客および外国人住民に韓国の伝統文化、最新の韓流文化、様々な生活情報などを提供する外国人住民支援施設として活躍している。

    ソウルグローバル文化体験センターで韓流の伝統文化を楽しもう!

    □ 伝統文化体験プログラムの内容は、ハングルのカリグラフィー、民画のドローイングクラス、子どもの韓服体験、木工芸品に色を塗る子ども工芸クラスのほか、多文化家族が一緒に楽しめる家族映画の上映、父母の日と先生の日に贈る韓紙のカーネーション作り、外国人住民が母国にハガキを送るイベントなども用意されている。

    Pプログラム 実施日程 内容
    カリグラフィー 5月2日(火)
    16:00~17:00
    扇子にハングルの名前を書く
    色塗り 5月2日(火)~8日(月)
    10:00~18:00
    木工芸品に色を塗る(子どもクラス)
    ハガキ送り 5月2日(火)~8日(月)
    10:00~18:00
    母国にハガキを送る
    民画ドローイング 5月4日(木)
    14:00~16:00
    韓国伝統染料で民画を描く
    子ども韓服体験 5月5日(金)
    10:00~12:00
    14:00~16:00
    伝統衣装の韓服を着て記念撮影
    (その場でプリントした写真を受け取ることができる)
    家族映画上映会 5月6日(土)
    15:00~17:00
    韓国映画上映(英語字幕):『ハーブ(Herb)』
    韓紙カーネーション作り 5月8日(月)
    16:00~17:30
    父母の日の韓紙カーネーション作り
    書堂体験 5月13日(土)
    15:00~16:00
    書堂の先生に教わる礼儀作法・書道体験

    ソウルグローバル文化体験センターで韓流の伝統文化を楽しもう!

    ソウルグローバル文化体験センターで韓流の伝統文化を楽しもう!

    □ 多文化家庭が参加するプログラムとして、書堂文化体験イベント「書道・礼儀作法クラス」が5月13日(土)に行われる。普段接することのない韓国の書道文化を体験し、先生から学校や家庭での基本的マナーを教わるほか、我が家の家訓を書いてみるなど韓国の礼儀作法を学ぶことができる特別な機会だ。

    □ 全ての体験イベントはオンラインおよび訪問受付で事前に予約することができ、各プログラム当たり先着順でおよそ20人を受け付ける。

    □ 書道・礼儀作法クラスは事前予約のみ受け付けており、多文化家族が難しく感じがちな内容をわかりやすく外国語で説明する。

    ソウルグローバル文化体験センターで韓流の伝統文化を楽しもう!

    □ 一方、ソウルグローバル文化体験センターは通年の伝統衣装体験、韓紙工芸、民画ドローイング、K-popダンス、K-food、K-beautyメイクアップイベント、韓国文化講演、多文化映画上映など、センター訪問客や外国人住民が直接参加できる様々な文化体験プログラムを設けている。

    □ 同センターは文化体験プログラム以外にも韓国文化・観光についての情報や相談サービスを提供することで、明洞を訪れる外国人観光客や外国人住民に愛される場所として定着しつつある。特に中華圏、日本、東南アジアなど様々な国籍の外国人が絶えず訪問しており、各種文化体験プログラムは参加者から好評を得ている。

    • - 2016年総訪問者数:104,671人(外国人95,820人と全体の80%)
      • · 国籍別外国人:香港(28.1%) > 日本(16.2%) > マレーシア・インドネシア(14.4%) > 中国(8.1%)の順
    • - 伝統文化プログラムへの参加:計20,217人
    • - 韓流プログラムへの参加:計4,018人
    • - その他のプログラム:計2,133人
    • - 2016年文化体験プログラムにおける満足度調査
      • · 文化体験プログラムの講座数と種類が適度だったのかを聞く項目は4.77点(100点満点換算で95.46点)
      • · プログラム進行時間について聞く項目は4.78点(100点満点換算で95.68点)と2015年4.42点(100点満点換算で88.5点)に比べ、7.18点上昇し、全項目のうち一番高い点数を獲得

    ソウルグローバル文化体験センターで韓流の伝統文化を楽しもう!

    □ センターではヘチホール、セミナールームなどの施設空間を外国人住民コニュニティーの集いや各種イベントなど、ネットワーク作りや文化交流に必要な場として提供している。さらに、今年はヘチホールの再整備、セミナールーム内の韓国文化・観光図書の配備などを通じて本が読める空間を確保し、より安全で便利な文化空間作りに務める計画だ。

    □ 専門家による韓国文化講演、現場体験プログラム、多文化家族を対象とした定期映画上映会、韓国語会話教室、季節折々の伝統行事やイベントなど、ソウルに住む外国人住民向けの文化体験プログラムを運営することで、韓国文化への理解を深めるとともに様々な文化交流の機会を提供する計画。

    年中行事 日程 内容
    お正月 1月25日(水)~31日(火) 韓紙巾着作り、こま作り、ユンノリ(双六のような遊戯)など
    家庭の月 5月2日(火)~13日(土) 子ども韓服体験(子どもの日)、韓紙カーネーション作り(父母の日)、母国へのハガキ送り、多文化家族の書堂体験
    光復節 8月11日(金) 韓紙の太極箱作り
    秋夕 9月29日(金) 韓紙の提灯作り
    ハングルの日 10月10日(火) 訓民正音ダイアリー作り

    ※天変地異またはセンターの諸事情により日程変更の可能性あり。

    □ 衛生管理:入念な衛生管理で快適な歩行環境を維持する。ごみ箱の設置はカフェなどの便宜施設の内部(合計8か所)のみと最小限にとどめ、利用客が多い場合はごみ箱を5セット(一般ごみ用+リサイクル用)追加配置し、随時回収する。

    □ 植物管理:ヴィニー・マース(Winy Mass)によって、50 228種24,085樹のソウルで生育可能なあらゆる種類の植物が集められた空中樹木園として設計、デザインされた空間であるだけに、植物管理にも万全を期す。市民ガーデナー課程を履修したボランティアの専門ガーデナー60人が、樹木班、野生花班、図鑑班に分かれてモニタリングと植物管理を行う。市が昨年から実施している「ホームレスガーデナー教育課程」で優秀な成績を修めたホームレスガーデナー5人も、期間制労働者として年末まで勤務する。

    5月20日オープン、国内初の高架歩行路「Seoullo 7017」

    □ ソウル市のソ・ムンス外国人多文化担当官は、「ソウルグローバル文化体験センターは、外国人観光客や外国人住民に韓国文化への理解を深めてもらおうと、様々な文化体験プログラムや韓国人と外国人が交流できるふれあいの場を提供する施設だ。多文化時代を迎え、今後も文化体験およびグローバル交流に関する多様なニーズや関心に応えられるよう良質のプログラムを持続的に提供することに注力したい」と話した。

    添付:1.5月の行事日程・申込の案内
    2.センター施設と文化体験プログラムの写真