Go to Main Content

文化/観光ニュース

A A
  • ソウルの象徴観光記念品公募展オンライン投票実施

  • SMG 306

    ソウルを象徴する観光記念品を市民が直接選ぶという絶好のチャンス。ソウル市は「第7回ソウル象徴観光記念品公募展」の応募作の中から「市民人気賞」を選ぶため、オンラインとオフラインでの投票を実施する。

    「市民人気賞」は2019年開設された賞で、一般市民と外国人観光客を対象に投票を行った上で選好度の高い記念品を発掘することを目的としている。この賞は専門家による審査は一切行わず、市民の投票のみで選ばれるという点で価値のある賞である。

    「市民人気賞」は、応募作182点のうち専門家の審査によって選ばれた49作とは別途に、市民投票によって10作(商品部門5作、イメージ部門5作)が選ばれる。「市民人気賞」に選ばれた作品にはソウル特別市長賞状が授与されるとともに受賞作の図緑を制作して提供する。また、ソウル市関連機関及び政府機関のオンライン・オフラインの店舗に入店できる特典が与えられる。

    オンライン投票は、2019年7月6日から14日までソウル特別市ホームページ(http://news.seoul.go.kr/culture/archives/503207)で行われる。投票希望者は、ホームページにアクセスした後、該当ページの案内に従って投票する。

    オフライン投票は2回に分けて行われるが、これは外国人観光客のみ投票できる。1回目は2019年7月6日10時から16時までシチョン駅とホンデイック駅の駅構内で、2回目は7月13日10時から16時までミョンドン駅構内で行われる。

    今回の公募展の授賞作(59作)は、7月17日ソウル市ホームページなどで発表される予定だ。