Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • ソウルの行政サービスに対する市民の満足度が3年連続で「過去最高」

  • SMG 2541
    image_pdfimage_print

        ソウル市の民願(市民が行政機関に対して申請・申告を行うこと)行政サービスに対する市民の満足度が、1999年の調査以来最も高かった昨年を上回り、3年連続で過去最高値を記録しました。

    ソウル市民願行政サービスは昨年より4点高い78.2点

        3月15日、韓国ギャラップなど3つの世論調査機関と市民評価団が昨年10月から今年1月まで約2万人の市民を対象に行った「2009年度の行政サービス満足度」調査の結果、ソウル市民は市の民願行政に対し、前年度より4点も高い78.2点をつけていたことが分かりました。昨年に発表された「2008年度の行政サービス満足度」が前年度より0.1点増だったのに比べると、非常に大幅な上昇であることが分かります。

    「120ダサン・コールセンター」などで格段によくなった民願サービスを最も高く評価

        分野別では、「民願行政」部門が3年連続で最高点数を達成しました。特に「公務員の親切度」と「効率性」の部門はそれぞれ81.3点、82.8点と最も高く評価されました。これについてソウル市は、365日24時間サービスを提供する「120ダサン・コールセンター」をはじめとする行政サービスの品質向上など、市民に感動してもらうための高品格民願サービスの成果が現れた結果だと説明しています。

    女性部門に対する満足度が2年前より10点上昇、就職・起業は補完が必要

        「女性」部門に対する満足度は、2008年度より1.1点上昇した53.9点で、「保育」など7つの部門全てが小幅上昇しました。これは2007年度の44.2点に比べると2年間で10点近く上昇したもので、女性のためのプロジェクト事業の成果が現れたものと考えられます。しかし、ソウル市は、「就職・起業」部門が相対的に低い評価を受けるなど、女性に対する行政サービスのレベルはまだ満足できる段階ではないと判断し、より高い満足度を得られるように、実効性のある事業を発掘し実施していく計画だと明らかにしました。

    新しく生まれ変わった4つの漢江公園に対する高い満足度、市民が変わった漢江を体感

        12の漢江公園に対する満足度は漢江ルネサンス工事の真っ最中だった昨年一時的に下がったものの、再び上昇し、64.3点の評価を受けました。これは2008年度(62.1点)より平均2.2点上昇した数値です。特に、漢江ルネサンス・プロジェクトの一環として昨年第1段階の特化事業が完了した「トゥクソム公園」など4つの公園に対する満足度が、ほかの8つの漢江公園より9点以上高く、新しくなった漢江公園に対する市民の満足度が非常に高いことが分かります。

        今回の調査は、ソウル市が韓国ギャラップなど3つの世論調査機関に依頼し、2009年10月から2010年1月にかけて約2万人のソウル市民を対象に行ったもので、ソウル市と10の自治区の行政サービスに対してアンケート方式で行われました。

    2009年度の行政サービスに対する市民満足度調査の結果 – (単位 : 点)
    区分 評価分野 総合満足度 (’08年度)
    民願行政 78.2(74.2)
    女性 53.9(52.8)
    漢江公園 64.3(62.1)
    地下鉄 77.5( – )
    市内バス 74.7( – )
    上水道 75.7( – )
    老人総合福祉館 80.6( – )
    自治区 清掃 71.9( – )
    保健所 75.8( – )
    住民自治 78.0( – )