ソウルの都市競争力

A A

アメリカの技術市場研究機関である「strategy analytics」が調査したところ、アメリカの場合、インターネット使用率が60&であるが、韓国の場合、95%以上の世帯が超高速インターネットを使用していることが分かりました。「strategy analytics」によると、首都圏を含む人口2千万人以上のソウル全域は、すでに一つの巨大なホットスポット(hot spot、無線LANに接続してインターネットを利用できる場所)であり、事実上、どこでもローコストでインターネット接続が可能であるとし、ソウルのインターネット環境を高く評価しました。

  • 1

    電子政府:1位

    UN Survey 2008, 2012

  • 6

    世界都市競争力:6位

    日本森記念財団 2012

  • 8

    起業しやすい国:8位

    World Bank 2012

  • 9

    グローバル都市競争力指標:9位

    2010年世界都市競争力報告書
    (中国社会科学院)

  • 1

    労働生産性:1位

    OECD 2011

  • 8

    グローバル都市指標:8位

                                   

    A.T.カーニー&
    フォーリンポリシーマガジン 2012

  • 5

    世界第5位の コンベンション開催、

    3年(2010~2012年)連続
    UIA 2012

  • 3

    経済競争力:3位

    ニューズウィーク 2011