Go to Main Content

ソウル在住外国人関連統計

A A

性別

2015年末現在のソウル市住民登録人口基準において、ソウル在住外国人は274,957人(男性132,607人、女性142,350人)、女性外国人数は男性外国人数よりも3%程度高かった。

单位 : 人  2007 : 男性111,467 女性117,605 全体229,072、 2008 : 男性122,923 女性132,284 全体255,207、 2009 : 男性122,090 女性133,659 全体255,749、 2010 : 男性125,483 女性137,419 全体262,902、 2011 : 男性134,655 女性144,565 全体279,220、 2012 : 男性118,329 女性128,779 全体247,108、 2013 : 男性118,482 女性125,928 全体244,410、 2014 : 男性129,245 女性137,115 全体266,360、 2015 : 男性132,607 女性142,350 全体274,957

[ソウル在住外国人の性別]

年齢

ソウル市住民登録人口統計の外国人登録者数のうち、年齢別分布を見ると20代以下が31.9%と最も多く、50代24.2%、40代19.2%、30代18.9%の順となっている。

单位 : 人  20代以下 全体87,816  構成比31.9、 30代 全体52,054  構成比18.9、 40代 全体52,877  構成比19.2、 50代 全体66,433  構成比24.2、 60代以上 全体15,777  構成比5.7

[ソウル在住外国人の年齢]

居住期間

ソウル滞在90日を超過するソウル在留外国人2,500人を調査した結果、24ヶ月未満が32.2%と最も高く、48ヶ月以上が21.3%、12ヶ月未満が20.8%、36ヶ月未満が16.6%、48ヶ月未満が9.2%の順となっている。

单位 : 人  12ヶ月未満 20.89、24ヶ月未満32.2、36ヶ月未満16.6、48ヶ月未満9.2、48ヶ月以上21.3

[ソウル在住外国人の居住期間]

出身国

ソウル市住民登録人口統計に現れた外国人の出身国現況を見ると、中国国籍の外国人が72.3%(韓国系中国人54.2%、中国人18.4%)で、アメリカ3.4%、台湾3.2%、ベトナム3.1%、日本3.0%の順となっている。

单位 : 人 韓国系中国人142,168 51%、中囯 56,605 20.6%、台湾8,735 3.2%、日本8,386 3.0%、ァメリカ9,224 3.4%、 ベトナム 8,545 3.1%、モンゴル 4,747 1.7%、フィリソ3,677 1.3%、カメタ1,790 0.7%、 インド1,863 0.7%、タイ1,276 0.5%、イギリス1,472 0.5%、ウズベキスソ 1,923 0.7%、フラソス1,904 0.7%、その也 22,624 8.2%

[ソウル在住外国人の出身国]

在留資格

ソウル市住民登録人口統計に現れた外国人の在留資格を見ると、訪問就業(35.0%)が最も多く、永住(16.6%)、留学(9.3%)、結婚移民(7.9%)、その他(6.6%)、訪問同居(6.4%)の順だった。ソウルは韓国の首都で、他の地域に比べて永住や留学生の割合が高いことが分かる。

[ソウル在住外国人の在留資格](単位:%)訪問就業35%、永住16.6%、結婚移民7.9%、留学9.3%、訪問同居6.4%、居住4.5%、一般研修4.8%、特定活動2.9%、同伴2.9%、非専門就業1.6%、会話指導1.4%、その他6.6%

[ソウル在住外国人の在留資格]

住居の種類

ソウル滞在91日以上の外国人2,500人の住居の種類を調査した結果、アパートに住んでいるという回答が24.4%と最も多く、集合住宅(22.6%)、一戸建て住宅(20.0%)、その他(17.6%)、連立住宅/ヴィラ(15.5%)の順だった。

[外国人の住居の種類](単位:%)、一戸建て住宅20.0%、アパート24.4%、集合住宅22.6%、連立住宅/ヴィラ15.5%、その他17.6%

[外国人の住居の種類]