歴代のソウル市長

A A

2000’s

2014

朴元淳(パク・ウォンスン)

第36代  朴元淳(パク・ウォンスン)

任期:2014.7.1~

2011

朴元淳(パク・ウォンスン)

第35代  朴元淳(パク・ウォンスン)

任期:2011.10.27~2014.6.30


主な施策

  • 任期中、債務を4.1兆ウォン減らし(最終目標7兆ウォン)、財政健全性を確保
  • 環境にやさしい無償給食の推進、市民福祉基準の定立など普遍的福祉の土台を構築
  • 町の共同体、社会的経済、協同組合などグローバル社会革新都市の基盤を構築
  • 2030ソウルプラン、ヨンドン(永東)地区発展計画、幸福4区プランなど人中心の均衡発展を推進
  • 歩道ブロック十戒、深夜専用「オルペミ(ふくろう)バス」など市民の暮らしを変える市政を実現
  • 聴策、熟議、SNSの活用など、市民とつながり、市民が参加する開かれた市政を実現

Close

2010

呉世勲(オ・セフン)

第34代 呉世勲(オ・セフン)

任期:2010.07.01~2011.08.26


主な施策

  • 希望プラス・クムナレ通帳、希望の人文学、ネット福祉センターなど持続可能なソウル型福祉を実現。
  • 校内暴力を解消するための学校保安官を設置。準備物の要らない学校など教育分野に集中投資。
  • 旅行プロジェクト、ソウル型保育園、デイケアセンター、幸せシルバータウンなど保育・老後の心配を解消。
  • 財産税の共同課税を定着。ヒューマンタウンなどバランスのとれた発展を目指す。
  • 金融·観光インフラを造成。外国人のための利便施設を拡大させ、ソウルの都市競争力を世界第9位にまで伸ばす(2006年第27位)。

Close

2006

呉世勲(オ・セフン)

第33代 呉世勲(オ・セフン)

任期:2006.07.01~2010.06.30


主な施策

  • 創意的な市政(120茶山コールセンター、一千万人の想像オアシスなど)を推進。
  • 光化門広場、セウン緑地帯公園を造成するなど、都心再創造プロジェクトを立ち上げる。
  • 長期チョンセ住宅Shift、旅行プロジェクトなどソウル型福祉を推進。
  • 大気質を改善。北ソウル夢の森を造成するなど、環境にやさしいソウルを実現。
  • WDC 2010を誘致。東大門デザインパークプラザを建設するなど、デザインソウル政策を推進。

Close

2002

李明博(イ・ミョンバク)

第32代 李明博(イ・ミョンバク)

任期:2002.07.01~2006.06.30


主な施策

                                       
  • 経営マインドを市政に導入。予算を削減し、負債を返済。
  •                                    

  • バランスの採れた地域発展のため、ニュータウン事業の基盤を築く。
  •                                    

  • 清渓川の生態系を復元。ソウルの森を造成するなど、環境にやさしい市政を推進。
  •                                    

  • 公共交通システムを全面的に改編し、便利でアクセス性の高いソウルをつくる。
  •                                    

  • 車中心から人間中心へと市政のパラダイムをシフトさせる。(ソウル広場など)

Close

1990’s

1998

髙建(コ・ゴン)

第31代  髙建(コ・ゴン)

任期:1998.07.01~2002.06.30


主な施策

                                       
  • 行政透明化のための不正防止施策を推進(苦情処理オンライン公開システム、清廉契約オンブズマン、電子入札・随意契約など)
  •                                    

  • 命の樹一千万株植樹運動。ワールドカップ公園など緑のソウルづくり
  •                                    

  • 第2期地下鉄を任期内に完成させる。
  •                                    

  • 2002ワールドカップを成功させる。

Close

1997

姜徳基(カン・ドッキ)

第30代 姜徳基(カン・ドッキ)(職務代理)

任期:1997.09.10~1998.06.30

1995

趙淳(チョ・スン)

第30代  趙淳(チョ・スン)

任期:1995.07.01~1997.09.09


主な施策

                                       
  • 市政を市民中心に転換させ、「市政運営3ヵ年計画」と部門別中長期計画を樹立・推進
  •                                    

  • 堂山鉄橋の再施工など、様々な都市施設の安全点検・補修を行う。
  •                                    

  • 環境基本条例を制定。環境憲章を制定。ソウル議題21など、環境政策を積極的に推進。
  •                                    

  • 全国ではじめて社会福祉調査を実施し、市民福祉5ヶ年計画を樹立。

Close

1994

崔秉烈(チェ・ビョンニョル)

第29代 崔秉烈(チェ・ビョンニョル)

任期:1994.11.03~1995.06.30


主な施策

                                       
  • 各種施設の安全確保と安普請対策を積極的に推進。
  •                                    

  • 交通問題を解決するための交通特別対策を樹立・推進。

Close

禹命奎(ウ・ミョンギュ)

第28代 禹命奎(ウ・ミョンギュ)

任期:1994.10.22~1994.11.02

1993

李元鐘(イ・ウォンジョン)

第27代 李元鐘(イ・ウォンジョン)

任期:1993.03.08~1994.10.21


主な施策

                                       
  • 各種規制・制度・法令・運営方法などを検討し、市民中心の刷新方法を模索。
  •                                    

  • 第2期地下鉄・都市高速道路建設を中心に推進。第3期地下鉄建設計画を確定。
  •                                    

  • ソウル定都600周年事業を推進。

Close

金尚哲(キム・サンチョル)

第26代  金尚哲(キム・サンチョル)

任期:1993.02.26~1993.03.04

1992

李相培(イ・サンベ)

第25代 李相培(イ・サンベ)

任期:1992.06.26~1993.02.25


主な施策

                                       
  • 住居環境を改善し、文化活動に対する支援を重点的に推進。
  •                                    

  • 慶熙宮・夢村土城など歴史遺跡の復元事業を推進。
  •                                    

  • 安普請住宅の再開発事業を活性化させるため、住民の同意率を90%から67%へと下向き調整。

Close

1991

李海元(イ・へウォン)

第24代  李海元(イ・へウォン)

任期:1991.02.19~1992.06.25


主な施策

                                       
  • 都市地下道の建設を含む中長期交通対策を樹立・推進。
  •                                    

  • 飲み水である漢江を効率的に管理するため、「漢江管理庁」を新設・推進。
  •                                    

  • ゴミ焼却処理方法をはじめて導入

Close

1990

朴世直(パク・セジク)

第23代 朴世直(パク・セジク)

任期:1990.12.27~1991.02.18


主な施策

                                       
  • 各種施設の安全確保と安普請対策に積極的に取り組む。
  •                                    

  • 交通問題を解決するため、交通特別対策を樹立・推進。

Close

1980’s

1988

高建(コ・ゴン)

第22代  高建(コ・ゴン)

任期:1988.12.05~1990.12.26


主な施策

                                       
  • 市政の方針を、市民のための「生活行政」、市民と共に行う「参加行政」、クリーンな「公開行政」、この三つに定め、推進。
  •                                    

  • 第2期地下鉄建設、内部循環道路、北部幹線道路など、都市高速道路に着工。
  •                                    

  • 雨水ポンプ場の拡大・整備。堤防の築造など恒久的水害防止対策を樹立・推進。  

Close

1987

金庸来(キム・ヨンネ)

第21代 金庸来(キム・ヨンネ)

任期:1987.12.30~1988.12.04


主な施策

                                       
  • 第24回ソウルオリンピック開催を成功させる。
  •                                    

  • 上水道の供給・掃除、住宅供給、福祉施設の拡大など庶民の生活保護対策を推進。
  •                                    

  • 緑のソウルづくり第2次5ヶ年計画を樹立・推進。

Close

1983

廉普鉉(ヨム・ボヒョン)

第20代  廉普鉉(ヨム・ボヒョン)

任期:1983.10.15~1987.12.29


主な施策

                                       
  • 地下鉄2・3号線を完工、漢江総合開発を推進、可楽洞農水産物市場を開場、木洞新市街地を建設
  •                                    

  • アジア大会を開催、ソウルオリンピックを準備
  •                                    

  • 慶熙宮・ポラメ公園・宗廟公園・石村湖水公園計画を樹立・推進

Close

1982

金聖培(キム・ソンベ)

第19代 金聖培(キム・ソンベ)

任期:1982.04.28~1983.10.14


主な施策

                                       
  • 地下鉄2号線・チョンハプウンドンジャン~キョデ、ウルチロイック~ソンス駅を開通。
  •                                    

  • 総合運動場野球スタジアム完工およびメインスタジアムの建設を推進。

Close

1980

朴英秀(パク・ヨンス)

第18代  朴英秀(パク・ヨンス)

任期:1980.09.02~1982.04.27


主な施策

                                       
  • オリンピック誘致団長としてバーデンバーデンIOC総会に出席し、88ソウルオリンピックを誘致。
  •                                    

  • 「市民献樹運動」を通じて、1千万株を植樹する「緑のソウルづくり事業」を推進。

Close

1970’s

1978

鄭相千(チョン・サンチョン)

第17代 鄭相千(チョン・サンチョン)

任期:1978.12.22~1980.09.01


主な施策

                                       
  • 都市機能を制御する施設を配置することにより能率を高め、街路構造物を整備。
  •                                    

  • 清掃行政の革新。都市ガス施設および医療保険の拡大など、庶民の生活を安定させるための総合対策を推進。
  •                                    

  • 職業斡旋センターを運営。エネルギー10%削減運動により、第2のオイルショックに対処。

Close

1974

具滋春(ク・ジャチュン)

第16代  具滋春(ク・ジャチュン)

任期:1974.09.02~1978.12.21


主な施策

                                       
  • 都市セマウル運動の活性化、庶民のための住宅建設、庶民の生活を保護するための施策を推進。
  •                                    

  • 内実の伴う都市建設のために、基幹設備を構築。
  •                                    

  • 各種生活環境施設の拡大・安普請建築物の再開発を推進。

Close

1970

朴英秀(パク・ヨンス)

第15代 朴英秀(パク・ヨンス)

任期:1970.04.16~1974.09.01


主な施策

                                       
  • 20年間の都市基本計画を樹立。計画区域内における6つの地域に対する建築制限方針を定める長期計画を樹立。
  •                                    

  • 永東地区区画整理事業など基本計画を確定。
  •                                    

  • 無許可建築物除去10ヵ年計画および人口分散計画を樹立。

Close

1960’s

1966

金玄玉(キム・ヒョノク)

第14代  金玄玉(キム・ヒョノク)

任期:1966.03.31~1970.04.15


主な施策

                                       
  • 世宗路・明洞など地下道を開設。自動車専用の立体高架道路を建設し、主要幹線道路を拡張・舗装。
  •                                    

  • セウン商店街、パゴダ・アーケード、楽園商店街など都心再開発事業を推進。
  •                                    

  • 漢江開発事業、南山1・2号トンネルを開通。約400棟の市民アパートを建設。
  •                                    

  • 永東1・2地区、華陽・忘憂地区、始興・新林地区など大規模な区画整理事業を推進

Close

1963

朴英秀(パク・ヨンス)

第13代 朴英秀(パク・ヨンス)

任期:1963.12.17~1966.03.30


主な施策

                                       
  • 九老・崇仁・恩平・トゥクソムの4つの地区4千万坪に対する都市計画を樹立。
  •                                    

  • 第2漢江橋(楊花大橋)を竣工(’65.1.25)。第3漢江橋(漢南大橋)に着工。
  •                                    

  • ソウル市初の長期計画である「市政10ヵ年計画」を樹立。

Close

1961

尹泰日(ユン・テイル)

第12代  尹泰日(ユン・テイル)

任期:1961.05.20~1963.12.16  


主な施策

                                       
  • 1962年2月に「ソウル特別市行政に関する特別措置法」が制定されることにより、中央政府の権限及び事務が多く移行し、行政機構の改編が大々的に行われた。
  •                                    

  • 人口500万人を基準にした都市計画事業を推進。
  •                                    

  • 郊外地域の発展に重点をおき、上下水道など社会基盤施設を拡大。

Close

1960

金相敦(キム・サンドン)

第11代 金相敦(キム・サンドン)

任期:1960.12.30~1961.05.16


主な施策

                                       
  • 初の民選ソウル特別市長
  •                                    

  • 健全な財政を図り、不正防止に徹することにより、公職者の倫理意識を確立。
  •                                    

  • 都心の交通量を分散させるため、各種工場および倉庫を郊外に移転する政策を推進

Close

張基永(チャン・ギヨン)

第10代  張基永(チャン・ギヨン)

任期:1960.05.02~1960.06.30


主な施策

                                       
  • 中部病院を一般病院として活用し、結核付属療養所を新設。
  •                                    

  • 23棟の汚物収集地域および50ヶ所の共同井戸を設置。
  •                                    

  • 労働会館を保健福祉部から引き受け、運営。

Close

1950’s

1959

任興淳(イム・フンスン)

第9代 任興淳(イム・フンスン)

任期:1959.06.12~1960.04.30  


主な施策

                                       
  • 清渓川暗渠工事と龍山区~城東区~東大門区~城北区~議政府循環道路建設を推進。
  •                                    

  • 1960年に行われたアジアサッカー大会に備え、孝昌運動場にサッカースタジアムを開設。
  •                                    

  • 4ヶ所の保健所を新築。公衆便所、共同井戸、銭湯などを増設。

Close

1957

許政(ホ・ジョン)

第8代  許政(ホ・ジョン)

任期:1957.12.14~1959.06.11


主な施策

                                       
  • 迂回道路の整備および歩道の大々的な舗装を実施。
  •                                    

  • 住宅難を解消するため、120万坪の彌阿里地区宅地造成方案を樹立。
  •                                    

  • 市立総合病院と保健所を開放。防疫衛生事業所を運営。馬場洞屠畜場を完工。

Close

1956

高在鳳(コ・ジェボン)

第7代 高在鳳(コ・ジェボン)

任期:1956.07.06~1957.12.13


主な施策

                                       
  • 私立病院など6つの病院と保健所の施設を改善。
  •                                    

  • 飲み水問題を解決するため、共同井戸100カ所を新設。
  •                                    

  • 上水道7万トン増産計画を、国庫の支援を受けて施行。

Close

1952

金泰善(キム・テソン)

第6代  金泰善(キム・テソン)

任期:1952.08.29~1956.07.05

2010

金泰善(キム・テソン)

第5代 金泰善(キム・テソン)

任期:1951.06.27~1952.07.24

1940’s

1949

李起鵬(イ・ギブン)

第4代  李起鵬(イ・ギブン)

任期:1949.08.15~1951.05.08


主な施策

                                       
  • 韓国戦争により釜山にソウル特別市釜山行政庁を設置。避難したソウル市民の救護業務に当たる。
  •                                    

  • 3,000人のホームレスを収容するため、9ヶ所の無料宿泊所を設置・運営。
  •                                    

  • 1949年8月、はじめて運輸業者を指定。105台のバスを運営(料金80ウォン)。

Close

李起鵬(イ・ギブン)

第3代  李起鵬(イ・ギブン)

任期:1949.06.06~1949.08.14

1948

尹潽善(ユン・ボソン)

第2代  尹潽善(ユン・ボソン)

任期:1948.12.15~1949.06.05


主な施策

                                       
  • 識字率を高めるために9校の小学校を新設。洞会に国文普及班を編成・運営。
  •                                    

  • 冠婚葬祭の虚礼廃止のために新生活運動を展開。
  •                                    

  • 食糧配給の行政を軌道に乗せるため、幽霊人口や買占め・買い溜めを取り締まる。

Close

1946

金炯敏(キム・ヒョンミン)

第1代 金炯敏(キム・ヒョンミン)

任期:1946.09.28~1948.12.14


主な施策

                                       
  • 戦災民収容計画を樹立・推進。
  •                                    

  • 南山洞日本人旅館13棟を収容所として利用。
  •                                    

  • 料亭・寺院・空き家などを利用し、戦災民を収容。

Close