Go to Main Content Go to Footer Content

オンライン市長室

希望日記

ソウルデジタルサミット2016開催

2016/04/06

ソウルデジタルサミット2016開催

グローバルデジタル首都ソウル、グローバルデジタル企業と共にします。 2016年3月30日、ソウルパートナーズハウスでマイクロソフト(Microsoft)、アマゾン(Amazon)、インテル(Intel)、KTなど、国内と海外15社のグローバル企業と共に<ソウルデジタルサミット(Seoul Digital Summit)2016>を開催しました。 参加企業は国内外を代表するデジタル専門・関連企業で、▲アマゾン(Amazon)、▲シスコ(CISCO)、▲ヒューレット・パッカード(HPE)、▲インテル(Intel)、▲オラクル(Oracle)、▲ゼットティーイー(ZTE)、▲ファーウェイ(Huawei)、▲マイクロソフト(Microsoft)、▲KT、▲ネイバー(Naver)、▲カカオ(Kakao)、▲ウリ銀行(Wooribank)、▲インターパーク(Interpark)、▲アンラボ(Ahn Lab)、▲ハンコム(Hancom)など15社(海外8社、国内7社)です。 今回のサミットは2016年2月に発表したデジタル政策5ヵ年計画である<ソウルデジタル基本計画2020>の一つであり、「世界デジタル首都」として跳躍するためにグローバル企業と戦略的協力関係を強化していくこのような席を設けました。 1部スマートシティー(Smart City)ではモノのインターネットやビックデータなど、最先端スマートシティの実現に向けた協力事業、2部デジタル革新(Digital Innovation)ではデジタルを基盤にした経済活性化や観光、交通の行政効率化のような社会革新について集中的に議論しました。 主要協力事業としては▲ソウル全域モノのインターネットリビングラボ及びモノのインターネットインキュベーションセンター連携協力、▲モノのインターネット・フィンテックなど韓国国内のスタートアップ企業の支援・教育、▲公共データの開放協力、▲クラウドサービス支援、▲スマートパーキング・自転車・観光サービス、▲デジタル基盤の小商工人の販路支援などがあります。また、デジタル分野の製造・サービス関連のスタートアップや非営利団体が共に成長できる生態系造成と関連した協力案も議論しました。 ソウル市は今回のサミットで議論された協力・提案事業について綿密に検討・推進し、デジタル政策調整会議(主宰者:ソウル市長)を通じてより具体化させていく計画です。 一方、ソウル市は<ソウルデジタルサミット(Seoul Digital Summit)>を来年から毎年定例化し、グローバルデジタル企業がソウルに集まって力量と経験を共有し、ソウル市との相互協力関係を持続的に維持する場にしていくという計画です。 ソウルがグローバルデジタル企業との堅固な協力関係を土台に圧倒的な世界デジタル首都としての位相を育てていくことができるよう、今回のソウルデジタルサミットの開催に向けて最善を尽くします。
パク・ウォンスン市長、セウン商店街再生事業「タシ・セウン」プロジェクト発表

2016/02/15

パク・ウォンスン市長、セウン商店街再生事業「タシ・セウン」プロジェクト発表

❍ 日時:2016年1月28日(木)10:00~11:30 ❍ 場所:セウン商店街チュンジョン(中庭)スペース 皆さま、おはようございます。 寒い中にも関わらずセウン商店街を再生するための場にお越しいただき有難うございます。 昨年の11月に、この場所で皆さまにお会いしましたが、本日セウン商店街再生事業の着手発表を住民の皆さまと共にできる事は、より意味のある事だと思っております。 ダボス会議―第4次産業革命と都市再生 私は先週、スイスで開かれたダボス会議に参加しました。「第4次産業革命」を主題とし、グローバルリーダーたちと共に産業革命と都市開発に関する討論を行いました。 特に、<インフラおよび都市開発に関するリーダ会議>、<都市の魂>という主題のセッションでは、全面的な撤去開発ではなく、既存のインフラを活用する都市再生、住民の暮らし方は勿論のこと、歴史と環境も保つ都市再生がいくらでも可能だという事に対してソウル市の事例を紹介し、全世界の専門家からためになるお話をたくさん聞きました。 そして本日、「セウン」の意味を踏まえながら、ここセウン商店街で、住民の皆さまと共にソウル型都市再生の大きな第一歩を踏み出そうと思います。 本日、セウン商店街は再び建つ事となります。70年代のセウン商店街が大韓民国とソウルの「第3次産業革命」を導く骨であったならば、今日からのセウン商店街は、「第4次産業革命」を導く心臓として生まれ変わります。 住民の皆さまと共にする「ソウル型都市再生事業」としてセウンが再び誕生します。 セウン商店街の誕生:1970年代 ここに来ている若い記者の方々の中で、セウン商店街に来た事のある方はいますか? 私は若い頃、電子製品とレコードを買いによく訪れていました。 1972年に建てられたセウン商店街は、「世(セサン)の気運(キウン)」という名のように、とても繁栄しておりました。 セウン商店街の繁栄:1980年代電子事業のメッカ あの頃のセウン商店街は、「電子メッカ」と呼ばれていました。「セウン商店街の技術力でタンクも造る事ができる」という話が出るほど技術が優れていた場所でした。 セウン商店街の衰退:1990年代以後スラム化―セウン商店街の現実 しかし私が市長になり久しぶりに訪れてみると、とても残念な事に、セウン商店街は大規模撤去開発の弊害を抱えたソウルで最も立ち遅れている地域になっていました。 地域全体が巨大な工場だった場所が今やその命脈を保つ事だけで精一杯の状況です。売上が減少した企業が75%にもなる程なのです。 #8-開発計画の変更:しかしパク・ウォンスンは計画を必ず守るという約束 私がソウル市長になる大分以前からセウン商店街を生き返らせようという努力が継続的に行われましたが、様々な理由から開発計画が変更されました。 開発を期待していた住民たちは少しずつ不安になり、計画自体を信じる事が出来なくなりました。 今まで住民の皆さまに苦痛を味わわせてしまった事について、市長として申し訳ない思いと責任を感じています。 しかし皆さま、もうこれ以上心配は入りません。今日のこの場は、計画は既に始められ、必ず守るという約束の場です。 2015年セウン商店街の再生事業推進経過 2015年2月24日、セウン商店街再生事業計画を発表した後、1年の間本当に沢山の準備を行いました。 心の行政:住民との疎通、意見の収集 行政は市民の心を先に伺う事から始まります。 そのためセウン商店街再生事業も不安と苦痛の中からセウン商店街を守って来た住民の皆さまのご意見を聞く事から始まりました。 24時間の疎通部屋を運営しながら、住民の皆さまからの様々な意見を聞くために努力しました。 一人一人のお言葉をより近く、より詳しく聞くために肖像画インタビューというものを行いました。 現在、チョロクティ公園に作られた肖像画の柱が正に住民の皆様の意見を聞きながら描いたものです。 公共先導事業推進:住民と専門家が共につくる市民のための公共空間設計 住民の皆さまの貴重なご意見は、公共空間設計に全て反映いたしました。 昨年6月に、国際コンぺティションを通じて当選作品を選定しましたが、これから紹介するセウン商店街の新しい姿の設計者は、正に住民の皆さまです。 専門家の意見の収集 何よりセウン商店街に見合う再生法案を設けるため、大変頭を悩まされました。 文化芸術、建築、産業など様々な分野における最高の専門家たちで構成された諮問委員と会議を行いました。 BBP(Beyond Big Plants)国際カンファレンスで海外都市再生専門家たちは直接セウン商店街を周りながら見つけた解決策を提示しました。 市民参加行事:セウン商店街を資料として作った実験的なプログラム セウン商店街に多くの市民が訪れる事も重要ですよね?そのため特別なセウン商店街を素材にした行事を開催しました。 セウン商店街は最も異色な舞台となり、7080の思い出を浮かべるタイムトラベルもできました。 セウン商店街の資源を材料として若い創作者たちが作品を作り、展示も行いました。 セウン商店街に希望の声が鳴り響く この様な努力でセウン商店街に希望の声が響く様になりました。 この1年の間、セウン商店街再生事業を設けながら、お会いした多くの方々が同じ事をおっしゃられました。 セウン商店街がまだ健在だという事を見せたい。 セウン商店街が持っている産業における潜在力を生かさなければならない。 セウン商店街が再び活気を取り戻してほしい。 #15-新しい計画の樹立...   Read more

市長動静

グローバル経済リーダー、ソウル国際経済諮問団(SIBAC)の総会に集結

2018/11/12

グローバル経済リーダー、ソウル国際経済諮問団(SIBAC)の総会に集結

ソウル市が「革新成長」を民選7期の経済政策における主軸の1つとしている中、フォーブス、シーメンス、アウディなど世界有数の企業のCEOをはじめとするグローバル経済リーダーがソウルに集まり、多方面に及ぶ議論と討論を通じてソウル経済の未来の方向性と戦略を提案する。 2018年11月9日、ソウル市は、「ソウルの未来の革新成長」をテーマに「第17回2018ソウル国際経済諮問団(SIBAC、Seoul International Business Advisory Council)総会」を開催する。 特に、今回の総会はスタートアップ分野の権威および専門家を新規の委員として委嘱し、諮問と議論の裾野を大幅に広げる計画だ。 「ソウル国際経済諮問団(SIBAC)」は2001年に設立されたソウル市長の諮問機構で、マッキンゼー、野村、フォーブス、シーメンス、ブルックフィールド、アウディ、ノバルティス、東レ、ヨズマなど多彩な分野にわたる世界的大企業の代表28人と諮問役5人が活動中である。 2001年から現在に至るまで、計16回の総会が開催され、経済・社会・都市インフラ・文化・環境・創業など多彩な分野についてソウル市長に334件の諮問を行い、そのうち282件(84%)が市政に反映された。 2018年に17回目を迎えたソウル国際諮問団の総会は ▴未来の有望産業拠点の造成Ⅰ、Ⅱ(R&D、バイオ・医療、都心製造、文化コンテンツ) ▴革新創業生態系の造成などの3つのセッションに分けて進行される。 1番目のセッションは「R&D、バイオ・医療、都心製造、文化コンテンツなどの未来の有望産業拠点の構築」をテーマに5名が発表および討論を行う。 つづく2番目のセッションではソウルの強みについて検討し、グローバル都市の事例を共有する。 3番目のセッションでは「革新創業生態系の造成」をテーマに、革新の動力となる創業生態系を普及させるための方法について諮問を行う。 ソウル市長として7回目のSIBAC総会を主宰するパク・ウォンスン(朴元淳)市長は、「世界的な企業のリーダーからソウルの経済の進むべき方向性について、さまざまなビジョンと戦略をヒアリングし、ともに議論できる貴重な機会として活用したい」と語り、「ソウルを世界中からイノベーターが集まり、これまで実現されたことのない挑戦と実験が最初に行われる都市、革新により雇用・生産性・所得が高まる都市としたい」と述べた。
ソウル市、「猛暑」を災難に規定し、5大社会的弱者を集中ケアすることを決定

2018/08/01

ソウル市、「猛暑」を災難に規定し、5大社会的弱者を集中ケアすることを決定

ソウル市は7月30日、パク・ウォンスン(朴元淳)ソウル市長が主宰し、安全・福祉・健康など各関連部署の長が参加する中、猛暑緊急対策会議を開催し、連日の猛暑による市民の被害を最小化するための法案について話し合った。 本会議でパク市長は、「ソウル市や自治区が保有している公共施設に一人暮らし高齢者や猛暑に対して対処能力のない人々を集めて今年の驚異的な猛暑を乗り越えることが重要だ。特に気温が最も高い時間帯に老人や子供、体の不自由な人たちが一人で外に出たり、危険な状態に陥ったりしないよう、特別な対策が必要だ。」と強調した。 また、同市は、①猛暑を自然災害に規定 ②猛暑期間中における5大社会的弱者に対する集中ケア・支援の強化 ③避暑シェルターの運営時間の延長などを推進する。 第一、同市は猛暑を「自然災難」に規定し、災難および安全管理の対象であることを明確化する。また、制度に基づいて市民の生命権・健康権を保護するため、体系的な管理体制を整える。 現在、猛暑は関連法において災難に規定されていない。したがって、法で定められた対応マニュアルもなければ、猛暑による被害も認められない状態だ。それで、同市はこれまで自体マニュアルを作成して猛暑に対処してきた。 第二、▲一人暮らし高齢者 ▲低所得者(貧困層) ▲ホームレス ▲長屋の住民 ▲建設工事現場作業に従事する労働者など、5大社会的弱者に対する特別保護を強化する。 特に、一人暮らし高齢者の場合、猛暑特報期間中(計16日、7月25日現在)、電話(337,918回)と家庭訪問(59,542回)を実施して安全と健康を管理した。実際、一人暮らし高齢者の家を訪ねた高齢者生活管理士が家の中で倒れている高齢者を発見し、すぐに救急車を呼んで救助したという事例もある。 第三、市民なら誰でも利用できる「避暑シェルター」(計3,252ヶ所)のうち、夜間(18時~21時)や休日にも開放される「延長シェルター」は現在427ヶ所運営されているが、今後さらに数を増やし、拡大運営する計画である。 「避暑シェルター」は敬老堂(各地域にある高齢者専用の憩いの場)、福祉会館、洞住民センターなど居住地に近い施設を指定して運営している。「避暑シェルター」の位置や詳細については、ソウル安全ヌリ (http://safecity.seoul.go.kr)、ソウル安全アプリ(Google Play ストア)で確認できる。