Go to Main Content Go to Footer Content

オンライン市長室

希望日記

ソウルデジタルサミット2016開催

2016/04/06

ソウルデジタルサミット2016開催

グローバルデジタル首都ソウル、グローバルデジタル企業と共にします。 2016年3月30日、ソウルパートナーズハウスでマイクロソフト(Microsoft)、アマゾン(Amazon)、インテル(Intel)、KTなど、国内と海外15社のグローバル企業と共に<ソウルデジタルサミット(Seoul Digital Summit)2016>を開催しました。 参加企業は国内外を代表するデジタル専門・関連企業で、▲アマゾン(Amazon)、▲シスコ(CISCO)、▲ヒューレット・パッカード(HPE)、▲インテル(Intel)、▲オラクル(Oracle)、▲ゼットティーイー(ZTE)、▲ファーウェイ(Huawei)、▲マイクロソフト(Microsoft)、▲KT、▲ネイバー(Naver)、▲カカオ(Kakao)、▲ウリ銀行(Wooribank)、▲インターパーク(Interpark)、▲アンラボ(Ahn Lab)、▲ハンコム(Hancom)など15社(海外8社、国内7社)です。 今回のサミットは2016年2月に発表したデジタル政策5ヵ年計画である<ソウルデジタル基本計画2020>の一つであり、「世界デジタル首都」として跳躍するためにグローバル企業と戦略的協力関係を強化していくこのような席を設けました。 1部スマートシティー(Smart City)ではモノのインターネットやビックデータなど、最先端スマートシティの実現に向けた協力事業、2部デジタル革新(Digital Innovation)ではデジタルを基盤にした経済活性化や観光、交通の行政効率化のような社会革新について集中的に議論しました。 主要協力事業としては▲ソウル全域モノのインターネットリビングラボ及びモノのインターネットインキュベーションセンター連携協力、▲モノのインターネット・フィンテックなど韓国国内のスタートアップ企業の支援・教育、▲公共データの開放協力、▲クラウドサービス支援、▲スマートパーキング・自転車・観光サービス、▲デジタル基盤の小商工人の販路支援などがあります。また、デジタル分野の製造・サービス関連のスタートアップや非営利団体が共に成長できる生態系造成と関連した協力案も議論しました。 ソウル市は今回のサミットで議論された協力・提案事業について綿密に検討・推進し、デジタル政策調整会議(主宰者:ソウル市長)を通じてより具体化させていく計画です。 一方、ソウル市は<ソウルデジタルサミット(Seoul Digital Summit)>を来年から毎年定例化し、グローバルデジタル企業がソウルに集まって力量と経験を共有し、ソウル市との相互協力関係を持続的に維持する場にしていくという計画です。 ソウルがグローバルデジタル企業との堅固な協力関係を土台に圧倒的な世界デジタル首都としての位相を育てていくことができるよう、今回のソウルデジタルサミットの開催に向けて最善を尽くします。
パク・ウォンスン市長、セウン商店街再生事業「タシ・セウン」プロジェクト発表

2016/02/15

パク・ウォンスン市長、セウン商店街再生事業「タシ・セウン」プロジェクト発表

❍ 日時:2016年1月28日(木)10:00~11:30 ❍ 場所:セウン商店街チュンジョン(中庭)スペース 皆さま、おはようございます。 寒い中にも関わらずセウン商店街を再生するための場にお越しいただき有難うございます。 昨年の11月に、この場所で皆さまにお会いしましたが、本日セウン商店街再生事業の着手発表を住民の皆さまと共にできる事は、より意味のある事だと思っております。 ダボス会議―第4次産業革命と都市再生 私は先週、スイスで開かれたダボス会議に参加しました。「第4次産業革命」を主題とし、グローバルリーダーたちと共に産業革命と都市開発に関する討論を行いました。 特に、<インフラおよび都市開発に関するリーダ会議>、<都市の魂>という主題のセッションでは、全面的な撤去開発ではなく、既存のインフラを活用する都市再生、住民の暮らし方は勿論のこと、歴史と環境も保つ都市再生がいくらでも可能だという事に対してソウル市の事例を紹介し、全世界の専門家からためになるお話をたくさん聞きました。 そして本日、「セウン」の意味を踏まえながら、ここセウン商店街で、住民の皆さまと共にソウル型都市再生の大きな第一歩を踏み出そうと思います。 本日、セウン商店街は再び建つ事となります。70年代のセウン商店街が大韓民国とソウルの「第3次産業革命」を導く骨であったならば、今日からのセウン商店街は、「第4次産業革命」を導く心臓として生まれ変わります。 住民の皆さまと共にする「ソウル型都市再生事業」としてセウンが再び誕生します。 セウン商店街の誕生:1970年代 ここに来ている若い記者の方々の中で、セウン商店街に来た事のある方はいますか? 私は若い頃、電子製品とレコードを買いによく訪れていました。 1972年に建てられたセウン商店街は、「世(セサン)の気運(キウン)」という名のように、とても繁栄しておりました。 セウン商店街の繁栄:1980年代電子事業のメッカ あの頃のセウン商店街は、「電子メッカ」と呼ばれていました。「セウン商店街の技術力でタンクも造る事ができる」という話が出るほど技術が優れていた場所でした。 セウン商店街の衰退:1990年代以後スラム化―セウン商店街の現実 しかし私が市長になり久しぶりに訪れてみると、とても残念な事に、セウン商店街は大規模撤去開発の弊害を抱えたソウルで最も立ち遅れている地域になっていました。 地域全体が巨大な工場だった場所が今やその命脈を保つ事だけで精一杯の状況です。売上が減少した企業が75%にもなる程なのです。 #8-開発計画の変更:しかしパク・ウォンスンは計画を必ず守るという約束 私がソウル市長になる大分以前からセウン商店街を生き返らせようという努力が継続的に行われましたが、様々な理由から開発計画が変更されました。 開発を期待していた住民たちは少しずつ不安になり、計画自体を信じる事が出来なくなりました。 今まで住民の皆さまに苦痛を味わわせてしまった事について、市長として申し訳ない思いと責任を感じています。 しかし皆さま、もうこれ以上心配は入りません。今日のこの場は、計画は既に始められ、必ず守るという約束の場です。 2015年セウン商店街の再生事業推進経過 2015年2月24日、セウン商店街再生事業計画を発表した後、1年の間本当に沢山の準備を行いました。 心の行政:住民との疎通、意見の収集 行政は市民の心を先に伺う事から始まります。 そのためセウン商店街再生事業も不安と苦痛の中からセウン商店街を守って来た住民の皆さまのご意見を聞く事から始まりました。 24時間の疎通部屋を運営しながら、住民の皆さまからの様々な意見を聞くために努力しました。 一人一人のお言葉をより近く、より詳しく聞くために肖像画インタビューというものを行いました。 現在、チョロクティ公園に作られた肖像画の柱が正に住民の皆様の意見を聞きながら描いたものです。 公共先導事業推進:住民と専門家が共につくる市民のための公共空間設計 住民の皆さまの貴重なご意見は、公共空間設計に全て反映いたしました。 昨年6月に、国際コンぺティションを通じて当選作品を選定しましたが、これから紹介するセウン商店街の新しい姿の設計者は、正に住民の皆さまです。 専門家の意見の収集 何よりセウン商店街に見合う再生法案を設けるため、大変頭を悩まされました。 文化芸術、建築、産業など様々な分野における最高の専門家たちで構成された諮問委員と会議を行いました。 BBP(Beyond Big Plants)国際カンファレンスで海外都市再生専門家たちは直接セウン商店街を周りながら見つけた解決策を提示しました。 市民参加行事:セウン商店街を資料として作った実験的なプログラム セウン商店街に多くの市民が訪れる事も重要ですよね?そのため特別なセウン商店街を素材にした行事を開催しました。 セウン商店街は最も異色な舞台となり、7080の思い出を浮かべるタイムトラベルもできました。 セウン商店街の資源を材料として若い創作者たちが作品を作り、展示も行いました。 セウン商店街に希望の声が鳴り響く この様な努力でセウン商店街に希望の声が響く様になりました。 この1年の間、セウン商店街再生事業を設けながら、お会いした多くの方々が同じ事をおっしゃられました。 セウン商店街がまだ健在だという事を見せたい。 セウン商店街が持っている産業における潜在力を生かさなければならない。 セウン商店街が再び活気を取り戻してほしい。 #15-新しい計画の樹立...   Read more

市長動静

新しい考え方が新しい経済をつくります。

2019/01/07

新しい考え方が新しい経済をつくります。

新しい考え方が新しい経済をつくります。 – 経済を活気づけるパク・ウォンスン(朴元淳)の10の考え 1. 敬愛なるソウル市民の皆様、親愛なるソウル市の家族の皆様、 2011年、「市民こそが市長です」という約束を胸に刻み、 はじめて市庁舎に出勤しました。その日がついこの間のように思われるのに、 もう7年という歳月が過ぎています。 これまでのことを考えると、色々なことが思い出されて、感慨深い心持ちです。 この7年間、ソウルは「人中心、ケア中心、労働尊重中心、地域社会中心」へと 革新され、それだけ人々にとって住み良い都市へと生まれ変わりました。 開発や成長の論理により後回しされてきた「人間」が、再び市政の中心に据えられ、 個人に強いられていた暮らしの厳しさをソウル市が共に背負い、 市民と共に分かち合う構造へと変えてきました。 2018年の5月、ソウル市は「都市のノーベル賞」と呼ばれるシンガポールのリー・クアンユー世界都市賞を受賞しました。これはソウルが世界最高の都市になったことを示す象徴的な出来事でした。 これらのすべての変化を成し遂げた主役は、1千万市民の皆様です。 ここに集まってくださったソウル市の家族も大いに力になりました。 心より御礼申し上げます。 2. 経済が苦境に立たされています。 人々の暮らしが苦境に立たされています。 日々の暮らしに困難を感じる庶民がいます。 所得格差は広がる一方で、不均衡と不平等は日常的なことになってしまいました。 これからの展望も決して明るくありません。 深刻な所得格差、低成長の固着化に加え、 少子化・高齢化などの未来への試練も我々にのしかかっています。 韓国経済の30%を占める自営業は現在、崖っぷちに立たされています。 若者は、人生の中で最も輝く時代を、就職のために図書館の中で費やしています。 少子化と女性のキャリア断絶は、韓国の経済と未来を脅かしています。 新しく希望を抱くためには、我々のこの厳しい現実を直視し、話し合うことから始めなければなりません。 厳しい現実を認める勇気、そして間違いを反省することこそ、大韓民国の経済を正しく活かすことのできるスタート地点です。 振り返ってみると、産業化と民主化を成し遂げて以来、我々は経済において来たる未来をどのような形で迎えるべきか、ビジョンを持つことができずにいます。 依然として大企業中心のパラダイムから抜け出せず、成長の恩恵は一部の人にしか与えられていません。 今まで我々は、成長の新しいモーメンタムを生み出せず、 追いつけ追い越せの経済から革新の経済へと切り替えることができていません。 ムン・ジェイン(文在寅)政権はこのような我が国の経済における構造的問題を解決すべく、 「所得主導成長、革新成長、公正経済」など、人中心の経済へパラダイムシフトを試みています。 産業政策の転換、製造業のルネサンスをリードするため、経済関係長官拡大会議を始めています。 今まで、イ・ミョンバク(李明博)、パク・クネ(朴槿恵)政権下で壊れてしまった経済システムが、次第に正常化し、活力を取り戻していくであろうと、我々は期待しています。 政府のこのような努力に対してソウル市も積極的に協力し、相乗効果を生み出すことができるよう最善を尽くしてまいります。 3. 敬愛なるソウル市民の皆様、親愛なるソウル市の家族の皆様、 大韓民国の厳しい経済を救うため、ソウルが率先して始めます。 もちろん、経済政策の手段は制限されており、数々の規制や権限の限界により 地方自治体が経済の成長や活性化に取り組むには限界があります。 しかし、いばらの道だからと、始める前から諦めてはなりません。 効果が少ないからと、挑戦することを逡巡していてはなりません。 ソウル市が自ら行うことができるすべての権限と力を振り絞り、 経済の成長、都心産業の活性化、革新的な創業に集中します。 中央政府が始めた経済中心の政策に積極的に協力するとともに、中央政府に規制緩和や財政出動を要求します。 経済を活かすことに、中央政府と地方自治体の区別はありません。 4. ソウルにおいて企業が成長し、創業が活発になり、これを通じて経済が活気づくためには、本格的な革新的成長の拠点を構築することがまず始めに必要です。 巨大な革新的経済生態系をつくることで、ソウルと大韓民国を成長させるモーメンタムをつくることが、韓国経済を変えるパク・ウォンスンの第一の考えです。 私は2018年の新年の挨拶で、革新成長の6大拠点別計画を発表しました。...   Read more
パク・ウォンスン(朴元淳)市長、ソウル市長として初めて中国・北京大学で講演

2018/11/29

パク・ウォンスン(朴元淳)市長、ソウル市長として初めて中国・北京大学で講演

パク・ウォンスン(朴元淳)市長が11月26日、中国最高の名門大学である北京大学でソウル市長としては初めて講演を行った。 講演のテーマは「北東アジアの新しい未来、都市から探す」である。パク・ウォンスン(朴元淳)市長は気候変動への対応と生態文明、新・再生可能エネルギー、都市再生、青年革新政策など多彩な切り口を提示し、グローバリゼーション(世界化)とローカリゼーション(地方化)を同時に追求する時代、市民の暮らしを実質的に変える主体としての都市と地方政府の役割を強調した。特に、ソウル市が取り組んできた多彩な革新的青年政策へのチャレンジを紹介し、若者たちから共感を引き出した。 先立って、中国の創業のメッカである北京・中関村の「中関村創業大街」を訪れた。中関村創業大街(Z-InnoWay)は、北京のシリコンバレーとも呼ばれる創業の中心街である。 パク・ウォンスン(朴元淳)市長は、ソウル市-北京市が共同で主宰する「ソウル-北京気候環境協力共同フォーラム」にも参加した。同フォーラムは両都市の気候環境政策の実務家、北京環境保護科学研究院、国際機構の関係者など約100人が参加し、互いに政策を交流する場である。特に、この日、ソウル市と北京市はソウル市保健環境研究院、北京環境保護科学研究院、北京環境保護モニタリングセンターが参加する「PM2.5の低減のための共同研究団」を発足した。 両都市は共同研究団の1つ目の協力課題として「大気汚染の原因究明のためのソウル-北京大気質PM2.5詳細分析」と「揮発性有機化合物の発生源評価および低減対策研究」の2種類を定め、2019年から共同随行を行う。研究結果は2019年下半期に発表される予定だ。 また、パク・ウォンスン(朴元淳)市長は北京にて、北京市長の陳吉寧と面談した。陳吉寧市長は2018年3月に「ソウル-北京統合委員会第3次全体会議」の出席者としてソウルを訪問し、パク・ウォンスン(朴元淳)市長と面談してからデジタル市民市長室、TOPIS(交通情報センター)、ソウルロ7017などソウル市の優秀な政策現場を視察したことがある。 夕方にはソウル市-北京市の共同主催により北京の最大の公演場である国家大劇院コンサートホールで開催される「ソウル-北京姉妹都市提携25周年記念公演」に出席した。公演はソウル市国楽管弦楽団の『アリラン幻想曲』で幕を開け、韓国と中国の文化が融合した交流と友情の特別な舞台を観客に披露した。