Go to Main Content Go to Footer Content

今月のフォト

A A
  • サンピョン

  • SMG 1666
    image_pdfimage_print

    03_sang_pyong

    韓国の遺物と様々な宝物の展覧会が見られる。朝鮮時代の仁祖が治めていた時代である1633年、最初の貧民救済機関の「サンピョンチョン(常平庁、安定を図る官庁という意)」において、官庁名の二文字である「サンピョン(常平)」が刻まれ、「サンピョントンボ(常平通宝)」という貨幣を鋳造された。この字の意味は、「常に均等な価値をもつ貨幣」という意味である。