Go to Main Content Go to Footer Content

今月のフォト

A A
  • コンピョン(公平)都市遺跡展示館

  • SMG 86
    image_pdfimage_print

    2015年におけるコンピョン(公平)1・2・4地区の都市環境整備事業を推進する過程で、朝鮮のハニャン(漢陽)から近代のキョンソン(京城)に至る歴史都市・ソウルの路地と建物跡が原形をよくとどめた状態で発掘されました。そこでソウル市は、都市の遺跡と記憶を本来の場所でそのまま保存するため、コンピョン(公平)都市遺跡展示館を造成し、2018年9月12日に開館しました。2014~2015年にかけて実施された発掘調査を通じて、朝鮮初期から日本による植民地時代に至るまで計108棟の建物跡と路地などの遺構や約1,000点を超える生活遺物が確認され、復元されました。各建物跡別に1/10縮小模型、仮想現実VR体験など多彩な展示方法を通じて16~17世紀におけるハニャン(漢陽)の姿を紹介しています。これにより、朝鮮時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わいながら、朝鮮時代から現代に至るまで使われている通りを直接歩くことができます。

    住所:ソウル市チョンノ(鍾路)区ウジョングクロ26、地下1階
    アクセス:地下鉄1号線チョンガク駅3-1番出口
    開館時間:午前9時~午後6時
    休館日:1月1日、毎週月曜日
    観覧料金:無料
    お問い合わせ:82-2-724-0135

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館

    コンピョン(公平)都市遺跡展示館