紹介

A A

ソウル市は世界各国の都市からリアルタイムで情報を収集し、その都市の優れた政策事例を収集するため、海外通信員制度を2008年より導入しております。

海外通信員-紹介

2013年度まで計71の部署が通信員から伝えられた216件の政策事例を、ソウル市政策策定の際に参考にしました。

海外通信員はソウルの市政について多大な関心を寄せており、世界各都市の行政について深い理解を示している外国人・韓国系移民者・留学生などによって構成されています。2014年3月現在、36カ国94の都市において174人の海外通信員が活動しています。

彼らは長年の海外滞在経験に基づいた斬新な政策アイデアを提案し、ソウルに対する愛情から、世界にソウルについて発信するメッセンジャーとしての役割も果たしています。

ソウル市は2014年には海外通信員を300人に増員し、海外の事例を現在より速やかに把握することを目指します。

  • <現在、世界36カ国94の都市において174人の海外通信員が活動しています。
  • 海外の優れた政策事例は、各部署が新しい政策を策定する際に参考資料として活用します。
  • 2013年度まで計71の部署が216件の通信員報告書を活用しました。
  • ソウル市は活発な情報収集のため、海外通信員を新規募集しています。