Go to Main Content

ソウル通信

プレスリリース

2020/02/18

ソウル市、移動多い運送・配送業従事者にマスク7,500個提供

17日(月)から移動労働者休憩所、労働者福祉館など12か所の労働者支援機関に配布 野外活動時間が長く不特定多数と接触する代行運転手・バイク便ライダーなどが対象 多くの市民が訪れる全泰壱記念館はじめ労働者相談機関などで防疫措置完了 市、緊急物資の支援後、状況に応じて追加支援も検討予定 ソウル市は17日(月)から、長時間野外で働く労働者をはじめ、運送・配送業従事者に対しマスク7,500個を提供すると発表した。 提供場所は、代行運転手・バイク便ライダー、配達員が頻繁に利用する市内5か所の「休ソウル移動労働者休憩所」(瑞草(ソチョ)、北倉(ブクチャン)、合井(ハプチョン)、上岩(サンアム)、碌磻(ノクポン))と、市立労働者総合支援センター2か所(鍾路(チョンノ)区栗谷(ユルコク)路、松波(ソンパ)区中大(チュンデ)路)、労働者福祉館2か所(恩平(ウンピョン)区統一(トンイル)路、永登浦(ヨンドゥンポ)区国会(クッケ)大路)、ソウル市感情労働従事者権利保護センターなど。このほかにも、清渓川方面に位置する労働複合施設「美しい青年,全泰壱(チョンテイル)記念館」でも、労働者や市民にマスクを配布する。市はこれに先立ち、2月の初旬からこれらの施設を訪れる労働者や市民のために、手指消毒剤約600個を常備し感染症予防に努めている。 また、仕事柄、長時間移動しながら不特定多数の人と接触しなければならない運送・配送業従事者のために、移動労働者休憩所5か所については、特別防疫措置も完了した。さらに、多様な展示や公演が年中開催される「美しい青年,全泰壱(チョンテイル)記念館」でも防疫措置を行い、市民の安全を守る。 ソウル市のパク・ドンソク労働政策担当官は、「代行運転手、配達員、シャトルバス運転手などは仕事柄、日常的に市民と接触する機会が多い」とし、「基本的かつ最も効果的なマスクの着用、手の消毒などをできるように緊急物資を支援し、今後も状況に応じて追加の支援を検討したい」と話す。

2020/02/18

ソウル市、『パラサイト』半地下住居の居住環境改善へ

ソウル市と韓国エネルギー財団、今年1,500世帯以上の半地下住居を対象に修理工事を支援 一世帯当たり320万ウォン投入、①断熱②ボイラー③エアコン④窓戸⑤床の5か所、必要な工事を支援 湿気などによる室内汚染、喘息、うつ病など精神的・身体的健康を改善 上・下半期に随時申請を受付…洞住民センターなどと連携しケースマネージャーを積極的に発掘 ソウル市が、映画『パラサイト 半地下の家族』の背景にもなった半地下住居の劣悪な環境を改善するために、各世帯に必要な修理工事を支援する。 ソウル市内の半地下住居のうち、平均所得50%以下に当たる世帯は55.3%、70%以下は77.8%で、半地下住居に暮らす大部分が低所得層の市民である。 ソウル市は今年、韓国エネルギー財団と協業し、半地下に居住する低所得層1,500世帯以上に、断熱、冷房など各世帯の要望に合わせた修理工事を支援すると明らかにした。 湿気やカビなどによって発生する室内汚染、それに伴う喘息、アレルギー、うつ病など、精神的・身体的健康に悪影響を及ぼす半地下住居特有の問題を改善するためのもの。 市は、昨年道峰(トボン)区が半地下100世帯を対象に実施したサンプル実態調査の結果をもとに、現場からの要望が多かった項目を追加支援項目として選定した。調査の結果、湿気やカビの除去と換気のための「除湿器」と「換気扇」、プライバシー保護のための「面格子」、火災予防のための「火災警報器」に対する要望が多く見られた。 今回の住宅修理事業は、このような半地下住居の実態調査の結果を反映し、①断熱施工、②ボイラー設置、③エアコン設置、④窓戸設置、⑤床の張り替え工事に加え、半地下住居で需要の多い「面格子」や「除湿器」、「火災警報器」、「換気扇」などの項目を追加で支援する。 ソウル市と韓国エネルギー財団は、これまでも独自に半地下住居環境改善のための工事を施行してきたが、今年は両者が手を携え1,500世帯以上を対象に工事を行い、今後も支援対象を拡大する予定。 修理支援事業の対象となるのは、基準中位所得60%以下の低所得層。ソウル市は、上・下半期の自治区別の公告を通じて3月から随時申請を受け付け、資格有無の審査を経て支援を続けていく計画。 さらに、一人でも多くの居住者が申請し修理を受けられるよう、洞住民センターや住居福祉センターと連携することで、ケースマネージャーを積極的に発掘し申請を促す予定。 修理支援を希望する市民は、社会福祉課など自治区の担当部署に問い合わせるか、洞住民センターに申請すると、資格有無の審査を経て支援を受けられる。 ソウル市は、市の事業趣旨に共感しパートナーとなってくれた韓国エネルギー財団に対し、感謝の意を表した。両者は近日中に「半地下世帯支援対策」推進のための協約を締結する予定。 ソウル市住宅建築本部のリュ・フン本部長は、「韓国エネルギー財団との協業を通して、これまで独自に行われてきた住居の修理事業を有機的に連携し、より多くの半地下居住者のためになる工事を施行し、劣悪な住居環境の改善に実質的に貢献できるようにしたい」と話す。

ニューズレター