メインコンテンツに移動
T T

ニュース

  • オ・セフン(呉世勲)ソウル市長、「ソウルビジョン2030」を発表…階層移動への希望を復活させ、都市競争力を回復

  • ソウル市総合ニュース SMG 3155

    seoul vision 2030

    オ・セフン(呉世勲)ソウル市長は15日(水)、今後推進する市政の基本的方向性を総合的に網羅した「ソウルビジョン2030」を発表した。これは2030年まで、つまり今後10年間のソウル市政のマスタープランとなる。

    ソウル市は2021年5月から、各界各層の122人で構成された「ソウルビジョン2030委員会」による、100回以上に及ぶ激しくも深度ある討論を行った末に「ソウルビジョン2030」を策定した。
    「ソウルビジョン2030」が提示しているビジョンのうち最上位は、『再び跳躍する公正都市ソウル』である。そして、この最上位のビジョンを実現するため確立すべき2030年までの4つの未来像を「共存都市」「グローバルリード都市」「安心都市」「未来感性都市」と定めた。

    またこれを政策として具体化するために、①階層移動はしごの復元、②国際都市競争力の強化、③安全な都市環境の実現、④趣と感性による品格の向上という4つの政策方針のもと、16大戦略目標、78の政策課題を推進する。

    <共存都市:住居・雇用・教育・福祉という4種類の階層移動はしごを復元し、公正な競争・機会を保障>

    1つ目として、階層移動はしご(階層移動を可能とする架け橋)を復活させることで、ソウルの未来発展の原動力を回復させる。誰であっても公正な競争と機会が与えられるようになるために、住居・雇用・教育・福祉という4つの階層移動を可能とさせるはしごが、それぞれ歯車のようにかみ合って回る構造的システムを構築することを目標としている。

    <グローバルリード都市:グローバルTop5都市を目標に、果敢な規制改革、インフラの大幅拡充>

    2つ目として、グローバルTop5都市を目指し、都市の競争力を高めるため多方面に渡る政策を推進する。特に企業における良質な環境づくりと高度人材の誘致に積極的に取り組むことで、ソウルのグローバル競争力を強化するため、規制は果敢に改革し、関連インフラは大幅に拡充する。

    <安心都市:気候変動、PM2.5、事故・災害などからのレジリエンス(回復力)の高い都市へ>

    3つ目には、気候変動、PM2.5(微小粒子状物質)、事故・災害など、市民の生命や安全を脅かすだけでなく都市の成長を阻害する要因から安全であり、かつレジリエンス(回復力)の高い都市環境を作ることに尽力する。

    <未来感性都市:魅力と感性にあふれ、伝統-現在-未来が共存する品格の高い都市へ>

    最後の4つ目には、魅力と感性があふれ、伝統-現在-未来が共存する都市を作ることで、コロナ禍の長期化により疲労が蓄積している市民の日常を労いつつ、都市の品格を高める。

    ソウル市は、「ソウルビジョン2030」の政策課題が確かな実行力を備えることができるよう、課題別に総括責任を指定した。また、事業を円滑に推進するため、毎年四半期ごとに事業評価を行い、各事業の進捗状況・公正チェックを定期的に分析して、事業計画を補完・発展させていく計画だ。またビジョンから導き出された政策課題を具体化するとともに、市政を推進する際には市議会とも緊密に連携・強力していく予定だ。