『蘆原文化ストリート・アートフェスティバル』開催及び地域音楽会

『蘆原文化ストリート・アートフェスティバル』開催及び地域音楽会

毎週土曜日、『蘆原(ノウォン)文化ストリート・アートフェスティバル』が開かれる。気軽な服装で家族と一緒に公演会場に向かう。華やかなステージではないが、公演を見物している地域住民たちは、最善を尽くして公演を終えたアーティストたちに惜しみない拍手を送る。

さまざまなジャンルの公演が行われるソウル東北部を代表するストリートフェスティバルとしてスタートしてからすでに7年目。公演に参加するアーティストにとっては、自分の持つ才能や情熱を思う存分発揮できる絶好のチャンスであり、住民たちにとっては気軽に公演が楽しめることから、多くの人々から好評を得ている。

文化の通り(文化ストリート)の入口にはパリのエトワール凱旋門に似せて造られたパバルマ凱旋門がある。その前には、今にもアコーディオンの音色が聞こえてきそうなアコーディオン演奏家の造形物が微笑ましい笑顔で人々を迎えている。その横には、片手を地に付いて逆立ちのような動作で踊っている躍動的なB-Boyの姿とこっけいな表情のピエロの銅像があり、ここが若者の通りであることを物語っている。その上には、5本のこん棒を空中に投げ上げ回しながらハラハラする妙技を披露している一輪車に乗った厚化粧の芸人の銅像が文化通りを訪れた人々を楽しませている。側面の『PLAY』と書かれた彫刻作品は青銅(ブロンズ)で出来ている。これらの作品は花崗岩で造られた3段の階段状の土台の上に展示されている。

『分かち合い公演』では、「地域音楽会」「文化の分かち合い公演」が開かれる。「地域音楽会」は、地域に住むアマチュアのアーティストや同好会、洞住民センター自治会館のプログラム受講生などが参加する住民参加型公演である。

タンゴゲ近隣公園の野外ステージなど10ヵ所で行われるこれらの音楽会は、各場所で月に2回以上定期的に行われる。中学校27校、高校26校を対象に、勉強で疲れている学生や、また勉強のために公演など見る機会がほとんどない学生たちのためにライブロックコンサート、フォークソング、ブレイクダンスなどの公演が開かれる。学校側が希望する日時に合わせていつでも公演を行う。学校の特性に合った公演団を招待するとともに、学校側からも音楽部の学生たちが参加する。

一方、文化芸術に接する機会の少ない多文化(国際結婚)家庭、障害者、高齢者などが集まる敬老堂、 など社会福祉施設などにも訪問して公演を行っている。

日時:2013年5月~6月、毎週土曜日 午後5時~午後9時
場所: 蘆原文化ストリート・野外ステージ
お問い合わせ:02-2116-3773

『移動式分かち合い公演』

『2013文化ストリート・アートフェスティバル』上半期の日程

NO 日時 公演名 公演名 連絡先
1 5/18(土) ・幸せな家庭&ダンスと音楽
・詩の朗読
ジャズバンド、サルサダンス、アコースティックギター演奏、詩の朗読、サックス シナジー5
(パク・スンファン)
010-8435-1200
2 5/25(土) ・蘆原区民のための音楽会(参加) サックスアンサンブル、舞踊、歌手(ユ・ヒョンジュ)、歌手(ナ・ジナ) 大韓サックス協会芸術団
(キム・サンチョル)
010-2779-9857
3 6/1 (土) ・若さが溢れる蘆原、ロックフェスティバル(企画) 1)MC 2)メイン歌手:女性アイドルグループ(ラッテ) 3) ビーボーイ 4)女性ダンス(キャッチ)
4)ロックバンド(スリージェイ) 5)ヒップホップグループ(レッドロック)
トヨカンパニー
キム・ギョンウォン
010-8554-1643
4 6/8 (土)