Go to Main Content

市長動静

A A
  • 『ソウルグローバルチャレンジ』、「Corning-SNS」が空気清浄システムで総合優勝に輝く

  • SMG 480

    セラミックのハニカムフィルターを換気口などに設置し、ソウルの地下鉄乗り場で優れたPM2.5低減効果を示した「Corning-SNS」が、「ソウルグローバルチャレンジ」の総合優勝に輝いた。

    ソウル市は、国籍にかかわらずグローバルイノベーターたちの競争を通じてソウルが直面した都市問題のイノベーションソリューションを見出す「国際競争型R&D」である『ソウルグローバルチャレンジ2019-2020』の授賞式を、2020年2月6日(木)11時にトンデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)にて開催した。新型コロナウイルス感染症の拡散による参加者の安全を考慮して、イベント会場には発熱感知器、手指消毒剤、マスクを配置し、授賞式は受賞者と関係者が参加して簡素に行われた。

    2020年が初回となる「ソウルグローバルチャレンジ」のチャレンジ課題は、「ソウル地下鉄のPM2.5低減方案」で、韓国は無論のことアメリカ、フランス、日本などグローバル企業や研究機関が参加して、トンネル・乗り場・電車の3つの分野において106個の製品と技術が競い合った。

    多方面な評価を経て、各分野の専門家で構成された評価委員会とソウルグローバルチャレンジ組織委員会による現場評価結果、市民評価結果、革新性が総合評価され、最高技術を示した3チームが選抜された。総合優秀チームには5億ウォンの賞金を授与するなど、受賞した3チームにはソウル特別市長賞と計6億ウォンの賞金が授与される。受賞企業の製品は、ソウル地下鉄におけるPM2.5低減対策に反映させるため、ソウル交通公社が優先的に購入を推進する予定だ。また、本選まで勝ち上がった企業10社の製品は、ソウル広場などに広報館を設置・運営する計画だ。

    『ソウルグローバルチャレンジ』、「Corning-SNS」が空気清浄システムで総合優勝に輝く
    順位 受賞チーム 賞金
    総合優勝 Corning-SNS 5億ウォン
    空間別
    優勝
    乗り場 (株)ALLSWELL 5千万ウォン
    電車 (株)Han Lyun システム 5千万ウォン

    「ソウルグローバルチャレンジ2020-2021」は、ソウル地下鉄においてPM2.5を削減するための既存技術ではなく、新しいアイデアを発掘して試作品開発を支援する方式で実施される予定だ。2020年4月に「新技術受付所(www.seoul-tech.com/seoulglobalchallenge)」にて申請できる。

    • 総合優秀:Corning-SNS

    総合優秀:Corning-SNS
    空調室に特殊フィルターを設置 空気洗浄システム フィルター
    (Corningのハニカム構造)
    空調室に特殊フィルターを設置 空気洗浄システム フィルター
(Corningのハニカム構造)