Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル市総合ニュース

A A
  • 「We Run Seoul 10K」の参加費を恵まれない人々に寄付

  • SMG 1309
    image_pdfimage_print

         3万人の市民が走って集めた2億3千万ウォンが、恵まれない子どもたちの才能啓発と移住民の医療支援および子どもの心臓手術などに使われる。ソウル市は昨年10 月、ナイキスポーツと合同で実施した「We Run Seoul 10キロ」大会の参加費の半分に当たる2億3千万ウォンを、ソウル福祉財団、地球村愛の分かち合い、韓国心臓財団に寄付すると発表した。

    ソウル都心ランニングの列(ヘリによる航空撮影), We Run Seoul 10キロ 光化門全景

         「We Run Seoul 10キロ」とは、2008年からシンガポール、クアラルンプール、ブエノスアイレスなど世界16都市で、各都市の特性に合わせて行われたグローバルランニングフェスティバルである。ソウルでは昨年10月、約3万人がソウルの光化門(クァンファムン)から汝矣島(ヨイド)まで走り、最後に公演を観覧するというイベントが盛大に行われた。

         「分かち合いと、分かち合いを通じた楽しさ」という大会の趣旨に合わせ、参加者は受付の段階から自分たちがサポートしたい機関に寄付金を出すことにした。この方式はイベントへの参加と同時に新しい寄付文化を作り出している。