メインコンテンツに移動
T T

文化/観光ニュース

  • 「DDPデザインフェア」オン・オフラインにて22万人が集まった…デザイン専門産業フェアとして存在感を確立

  • ソウル市総合ニュース SMG 396

    ソウルデザイン財団が新型コロナウイルス感染症という状況下において初めてオン・オフラインで同時開催した「2021 DDPデザインフェア」に、22万人が訪問した。

    10月25日に幕を下ろしたオフライン展示(10月19日~25日)には、7日間で2万人を超える観覧客が訪れた。防疫心得に基づく最大収容人数にほぼ匹敵する人数が訪れ、「DDPデザインフェア」に対する業界の高い関心を確認できた。現場への訪問が困難な韓国内外の関係者や市民のためのオンライン展示館には、11月現在20万人以上が訪問した。オンライン展示は、12月31日まで続けられる。

    2021年で3回目を迎える「2021 DDPデザインフェア」は、デザイナーと小商工人により高い満足度と好評を博して、デザイン専門産業フェアとして、競争力を確保している。単なる展示を超えて、製造分野の小商工人とデザイナーの「コラボレーション」を通じた新製品の開発・発売、受注、就職・創業の連携にまでつながるデザイン専門のビジネススペースとして成長している。

    新型コロナのパンデミック真っ只中において開幕した「2021 DDPデザインフェア」は、「Wonderful Life」をテーマに、憩い、癒し、一人用家具、ホームオフィスなど変化したライフスタイルを示して、全170個の製品を披露した。
    新型コロナ感染症により訪問するのが困難な市民や海外関係者のため、「2021 DDPデザインフェア」国際オンライン展示(www.ddpdesignfair-ex.or.kr) は、12月末まで多彩なイベントとともに続けられる。オンライン展示では、オフライン展示では見られなかった各製品の開発過程のメイキングストーリー、デザイナーと小商工人の制作哲学、エピソードを動画として見られる特別な面白さと感動を味わえる。

    「2021 DDPベストデザインアワード」7選は、2022年に注目されるデザイントレンドとして、12月月刊デザインとDDP野外広場ショーケース展示館で確認できる。製品を制作後は、DDPデザインストアで誰でも購入できる。

    DDPデザインフェアのサブイベントと現場の写真

    DDPデザインフェアのサブイベントと現場の写真
    DDPデザインフェア デザインセミナーの現場 DDPデザインフェア ソウル市長賞受賞作
    DDPデザインフェア コラボ館入口 DDPデザインフェア展示全景
    DDPデザインフェア野外横断幕 DDPデザインフェア野外市民体験プログラム