Go to Main Content Go to Footer Content

経済ニュース

A A
  • 「2019ソウルドローンチャレンジ」開催

  • SMG 114

    ソウル市は2019年10月12日、第4次産業革命の核心的分野として急成長しているドローンを直接見て体験する「2019ソウルドローンチャレンジ」を、クァンナル・ハンガン(漢江)ドローン公園にて開催する。

    ソウル市主催で行われる「2019ソウルドローンチャレンジ」は、ドローンの分野を広げるとともにドローン産業の発展を図るために開かれる。当日は①ドローンローンチングショー ②ドローンレース ③ドローン体験・展示などのメインプログラムと各種付帯イベント、多様なアトラクションや体験プログラムなどが盛りだくさん繰り広げられる。

    第一、「ドローンローンチングショー」ではレジャー・産業・安全など3分野のドローン試演が行われる。従来の展示だけの静的なイベントとは異なり、2019年はハンガン(漢江)でドローンを実際に飛ばすという躍動的で臨場感あふれるイベントを企画した。ドローンローンチングショーは当日2回(14:40~15:00, 17:00~17:15)行われる予定だ。

    第二、「ドローンレース」はクァンナルドローン公園内の専用ドローンレーシング競技場と滑走路で行われる。FPV(First Person View、一人称視点)方式の特徴を活かし、選手たちがゴーグルで見る映像をステージに発信、それを見ながら専門解説委員やキャスターが現地で中継する。

    ここでは指定のコースに置かれた障害物をまるで曲芸のように超えていく「ドローンステアーレース」や韓国で初めて試みるドローンによる100m直線コースのスピードレース「ドローンスプリントレース」が行われ、迫力にあふれるドローンスポーツを生中継で楽しめる。

    第三、「ドローン体験・展示」では、ドローン関連企業や機関などが準備したドローンキュレーティング、ドローンクレーンゲーム、ドローンVRシミュレーター、3Dペン体験、ドローンDIY体験、ドローンサッカーなど、ドローンに関する教育や体験ができる多様なプログラムが行われる。

    一方、「2019ソウルドローンチャレンジ」の開・閉幕式では、100台のドローンが一糸乱れずハンガン(漢江)上空を飛び回る群集飛行と、躍動的な音楽とドローンが調和するドローンショーが行われる。ドローン群集飛行では、100台のドローンが1分ごとに空中で様々な形を作り出す。夜にはLEDを灯してハンガン(漢江)のほとりを明るく照らす群集飛行が行われる予定。

    DIYドローンの組み立てを除くすべての体験プログラムは、無料で現地参加できる。イベントの詳細については、ソウルドローンチャレンジのホームページで確認できる。

    「2019ソウルドローンチャレンジ」プログラムのご案内(案)

    プログラム

    プログラム
    時間 ステアー
    レース
    スプリント
    レース
    ドローン
    ローンチング
    ショー
    ドローン
    展示会
    体験
    プログラム
    08:00~10:00 選手登録・練習 準備
    10:00~14:00 予選 予選   常時 常時
       
    本選  
    14:00~15:00 開幕式
    ローンチング
    ショー 1回目
    15:00~18:00 決勝戦 決勝・集計   常時 常時
     
    ローンチングショー 2回目
    18:00~19:00 授賞式・閉会式

    ドローンレース

    ドローンレース
    一人称視点の競技映像の例 ステージのメイン画面に発信

    ドローン飛行プログラム

    ドローン飛行プログラム
    ドローンローンチングショー ドローン群集飛行

    ドローン展示・体験プログラム

    ドローン展示・体験プログラム
    ドローン展示ブース ドローンクレーンゲーム
    ドローンキュレーティング ドローンサッカー