Go to Main Content Go to Footer Content

中核政策ニュース

A A
  • 「2018ソウル白書」発刊

  • SMG 249

    2018 시민의 삶을 바꾸는 100가지 혁명 서울백서 - 서울특별시

    ソウル市は、2018年に推進した政策のうち100の主要事業を集めた「2018ソウル白書」を発刊した。

    「2018ソウル白書」では、民選7期で新たに編制した市政4カ年計画に伴い、主要事業を未来・安全・福祉・バランス・民主の5つの分野に分け、各分野の成果を実感できる事業100種を紹介している。

    また、第4次産業革命を導く革新拠点の造成から未来産業の主役となる小商工人や若者たちへの支援など、新しい思考で未来に投資するソウル市の代表的な政策も紹介している。.

    本白書のはじめには、市民が選んだ「ソウル10大ニュース」を通じて、2018年の政策のうち市民に好評だった政策を紹介し、「ソウル生活指標10」「地図で見るソウル白書」などからは新たに追加された多彩な政策も知ることができる。

    特に5つの分野に関して紹介している本文では、インフォグラフィックを用いて2018年の事業の主な成果をわかりやすく紹介している。また「Tip」や「変化するソウルの生活」などを構成して、生活に有用な情報もわかりやすく整理した。

    <未来:スマートな>
    まず未来分野に関しては、革新拠点の造成や未来産業の育成など第4次産業革命をリードする政策や小商工人へのサポート、文化祭りなど失敗の際に支えとなり活力を与える対策を紹介している。

    <安全:きれいで便利な>
    「使い捨てプラスチックのないソウル」「共有車両・共有駐車制」のような環境にやさしい政策から次世代のための基盤施設の整備など、ソウル市が環境と安全のために実施している政策を紹介している。

    <福祉:健康で活気に満ちた>
    新生児から高齢者まで、市民の健康をライフサイクルごとに管理し、教育や子育てをサポートして市民とともに成長するソウル市の政策を紹介する。

    <バランス:調和>
    所得や地域のアンバランスがどんどん広がる中、ソウル市は「ガバナンス」と「コミュニケーション」を通じて開発と成長に関する新しい代案を提示している。

    <民主:市民とともに>
    最後に、民主分野では平等と尊重をもとに市民自ら問題を発掘して解決する新しいモデルを紹介している。

    「2018ソウル白書」は、ソウル市傘下機関(公社・公団・財団など)及び自治区洞住民センターやソウル図書館などに置かれている。また、ソウル市電子ブック(http://ebook.seoul.go.kr)のe-bookでも見ることができる。

    購入したい場合、ソウル図書館内にある市政刊行物販売コーナーと、ソウル市庁の地下1階にある市民聴内のソウル本屋などで購入できる(価格:8,000ウォン)。