経済ニュース

A A
  • 「無重力地帯Gバレー」オープン

    SMG 1479
  • Gバレー(ソウル・デジタル産業団地)と近隣地域の働く若者だけでなく、就職・起業を準備する若者のための「無重力地帯Gバレー」が12月12日にオープンしました。

    「無重力地帯」とは、若者たちのアイデアを現実にする空間で、ウンピョン(恩平)区ノクポン(碌磻)洞の「若年雇用ハブ」内に昨年初めて設置され、2014年はGバレー、2015年はテバン(大方)洞若年密集地域と、2018年までに計5カ所が設置・運営される計画です。

    「無重力地帯Gバレー」は、若者たちが自らコミュニティを形成し、職業能力を高められる学習活動を実施し、若者に関する様々な課題について自由に語り合うだけでなく、職場生活や就職活動に疲れた若者たちがいつでも憩いの時間を過ごせるクリエイティブな空間として造成されているのが最大の特徴です。293平方メートルの規模で、月曜日午前8時から土曜日午前8時まで24時間運営されます。

    <想像地帯‐創意地帯‐休息地帯‐分かち合いキッチンなど、働く若者の要求を反映させ空間活用 >

    - 「想像地帯(開かれた書斎)」は、企業家と働く若者が寄付した本が所蔵されており、本の閲覧だけでなく、「著者との交流」「読書討論会」も催され、若者たちの文化的教養と感性を養います。

    - 「創意地帯」は、Gバレー内の主要業種であるIT・BTやファッションなど業種別の専門人材育成に合わせた教育と指導を実施し、若者の職業能力を高めるとともに、Gバレー内の中堅企業が参加する就職博覧会などを実施して就職活動も支援する予定です。他にも、若者がぜひ知っておくべき財務コンサルタントと労働権益保護に関する相談も受けます。

    - 「協力地帯」は、若者のワークショップはもとより、1人での起業を希望する人々のための空間として提供されます。

    - 他にも、夜間勤務する若者が仮眠できるスペースと憩いの空間、自分で料理して食べられる台所もあります。

    お問い合わせ:無重力地帯Gバレー運営事務所(02-864-5002/5003)