Go to Main Content Go to Footer Content

プレスリリース

A A
  • 「東京都-ソウル市、姉妹友好都市提携30周年記念日韓青年フォーラム」

  • SMG 9
    image_pdfimage_print
    • ソウル市が共同主催 東京とソウルの大学生、「青年の役割」共に模索
    • 「ひとつになる友情、未来を拓く力」というテーマのもと、日韓の学生が交流
    • 日韓の若者たちの、互いへの更なる関心と理解を促せるものと期待

    ソウル市が日韓・韓日学生会議(JKSC·KJSC)と共同で主催する「東京都-ソウル市姉妹友好都市提携30周年記念日韓青年フォーラム」が、15日(水)に国際文化会館(東京)で開催される。

    日韓・韓日学生会議は、日韓両国の学生有志により立ち上げられた団体で、日韓の学生が合宿しての学術会議や各種イベントなどを行い、両国の相互理解や友好、親善に努めている。

    1986年に第1回日韓・韓日学生会議が東京で開かれ、以来、日本と韓国で毎年交互に夏季交流大会(夏大会)が催されている。今年は東京で日韓・韓日学生会議の会員およそ23人が参加する夏大会を5日(日)~19日(日)、14泊15日の日程で開催、友好を深める。その夏大会の目玉ともいえるのが合同シンポジウムで、それが、ソウル市が共同主催する東京都-ソウル市姉妹友好都市提携30周年記念日韓青年フォーラム。

    このイベントは、東京都とソウル市の姉妹都市提携30周年を記念して行われるもので、「ひとつになる友情、未来を拓く力」というテーマのもと、両国の若者たちに活発な意見交換を行ってもらうための場だ。東京とソウルの未来志向的な交流・協力を促進するとともに、社会、文化といった分野での若い人たちの交流を活性化させることで、互いに対する関心が高まり、理解も深まるものと期待される。

    今回のイベントは、ソウル市国際交流担当官の開会の挨拶で幕を開ける。続いてソウルの朴元淳市長の映像メッセージ、さらに本イベントを後援する東京都の丹羽恵玲奈外務担当部長、日韓経済協会の小泉愼一副会長の祝辞が続く。

    その後、日本大学のチョン・チャンファ准教授、NHK「テレビでハングル講座」の講師を務める阪東千津子さんが「日韓関係の未来志向的な発展のための青年の役割」というテーマで講演を行い、続いて日韓・韓日学生会議の会員たちによる学術会議の結果発表となる。

    合宿期間中に行われる学術会議は、歴史、社会、文化、ITの4つの分科ごとにテーマを決め、日韓の学生が力を合わせて両国を比較・分析、意見をまとめあげてゆくもの。今年は「朝鮮通信使を通じてみる日韓交流」、「両国の少子化問題」といったテーマで議論が交わされる。

    午後には、午後の部の学術発表などの後、韓国大衆文化に詳しく、MCやDJとしても活躍する古家正亨さんをパネリストに迎え、日韓の文化の違いをテーマに「ソウル-東京新発見!」というトークショーを開催。そしてラストは華麗なステージ。韓国のブレイクダンスチーム「Gamblerz Crew」のパフォーマンスが、イベントを鮮やかに締めくくる。

    Gamblerz Crewは、ブレイクダンスの世界5大大会のうち最大の「Battle of the year」でこれまでに2回の優勝を遂げている。またブレイクダンスの本場アメリカで、地元アメリカのチームと競い合い、みごと優勝するなど、韓国で右に出る者のいないチーム。世界レベルのダンサーたちから成り、結成後16年で、世界大会で優勝40回という実力を誇る。

    ソウル市の朴元淳市長は、「今回のイベントを機に、ソウルと東京の学生が互いの社会と文化について理解し、真の友となれることを願ってやまない。ソウルと東京、韓国と日本の若い世代の交流が続けられ、その友情がさらに深まるよう、ソウル市も積極的に支援したい」という内容の映像メッセージを両国の学生たちに向けて送った。

    • □ 目的
      • 東京とソウルの姉妹都市提携30周年を記念し、未来志向的な交流・協力を促進すべく、両国の若者たちに活発な意見交換を行ってもらう場を設ける。
      • 社会、文化分野における日韓の若い世代の交流を通じて互いへの関心を高め、理解を深めてもらう。
    • □ 概要
      • 名称 : 東京都-ソウル市姉妹友好都市提携30周年記念日韓青年フォーラム
      • 日時/場所 : 2018. 8. 15.(水) / 国際文化会館(東京)
      • テーマ :「ひとつになる友情、未来を拓く力」
      • 出席者 : ソウル市国際交流担当官、東京都外務担当部長、日韓・韓日学生会議メンバーおよび日韓両国の大学生、日韓交流に関心のある一般の人などおよそ100人
      • 主催 : ソウル市、日韓・韓日学生会議(共同主催)
        – 第33回日韓・韓日学生会議夏季交流大会と連携

    < 日韓・韓日学生会議(JKSC·KJSC)の概要 >

    • 沿革 : 1986年、第1回日韓・韓日学生会議が東京で開かれる。
    • 構成 : 両国の学生およそ30人
    • 指導教授 :パク・チョルヒ教授(ソウル大学国際大学院)
    • 主な活動 : 学術会議や各種イベント開催を通じ、両国の友好関係を促進
    • ※ 2018年夏季交流大会 : ‘18.8.5(日)~8.19(日)、14泊15日

    □ プログラム

    プログラム
    時 間 内 容 備 考
    09:30~ 入場  
    10:00~10:15
    (15‘)
    開会宣言および祝辞
    – 開会宣言 : 国際交流担当官
    – 映像メッセージ : ソウル市長
    – 祝 辞 : 小泉愼一(日韓経済協会副会長)
    丹羽恵玲奈(東京都外務担当部長)
     
    10:15~10:30
    (15‘)
    ソウル市、東京オリンピック&パラリンピックPR映像上映  
    10:30~11:10
    (40‘)
    基調講演
    – テーマ : 日韓関係の未来志向的な発展における青年の役割
    – 講演者 : チョン・チャンファ、阪堂千津子
     
    11:10~11:50
    (40‘)
    学術会議の結果発表(午前の部)
    – 歴史、社会、文化、ITの4分科についての発表
    · IT : 両国のIoT技術比較
     
    11:50~12:00
    (10‘)
    記念撮影  
    12:00~12:50
    (50‘)
    昼食 お弁当
    12:50~13:00
    (10‘)
    映像による日韓・韓日学生会議の紹介  
    13:00~15:00
    (120‘)
    学術会議の結果発表(午後の部)
    · 文化 : 日韓の言語および非言語文化の比較
    · 社会 : 両国の少子化問題
    · 歴史 : 朝鮮通信使を通じてみる日韓交流の歴史
     
    15:00~15:20
    (20‘)
    休憩および舞台転換  
    15:20~16:00
    (40‘)
    トークバラエティ「ソウル-東京新発見!」
    – 司会進行 : 森 英美
    – パネリスト : 古家正亨、日韓の学生代表各1名、ソウル市から1名
    – 日韓交流や文化体験に関するエピソードを語り合うトークショー
     
    16:00~16:20
    (20‘)
    韓国ブレイクダンスチームによるパフォーマンス Gamblerz Crew
    16:30 閉会