Go to Main Content Go to Footer Content

ソウル紹介

A A
  • 「市民に何をお贈りしようか」
    [朴元淳の希望日記455]

  • SMG 730
    image_pdfimage_print

    多くの方が私の誕生日を祝ってくださいました。
    私の戸籍上の誕生日は3月26日ですが、いつも旧暦で祝っていますから、誕生日はもう過ぎていました。
    それでも、祝ってくださった方々に感謝申し上げます。ただ、私は誕生日を迎えるたびに恥ずかしい気持ちになります。社会のために自分が何をしたのか。皆様に祝っていただくだけの資格があるのか。いつも自問します。

    本日は私が皆様にプレゼントします。
    それは「Wonder-present」です。トンデムン(東大門)DDPでは連日、不思議なプレゼントが飛び出すこのプレゼント・ボックスが市民に大好評です。

    5月20日まで試験運用が行われます。午前11時から午後7時までは、開かれた箱の中でクリエイティブな才能・職業を持つ市民たちが、自分をアピールする機会として、市民のための「Wonder-present」になってくださっています。7時以降は、「まだ開けられていないプレゼントボックス」として、市民の皆様に多くの好奇心と期待をお届けしています。これを手掛けたのは、この時代最高のデザイナー、イ・ナミさんです。

    私が目指しているのは、「楽しくてたまらない街、ソウル」です。どうですか皆さん、楽しんでいますか?

    455_g