文化/観光ニュース

A A
  • 「ワールドカップ公園冬物語」 寒さも嬉しい!

    SMG 1257
  • ソウル市近郊で冬を元気に、愉快に、そして気軽に楽しもうという人には、ワールドカップ公園内の平和広場で行われるイベント「ワールドカップ公園の冬物語」がおすすめ。

    ワールドカップ公園では、12月26日(金)~2015年2月22日(日)にススキ迷路園やススキのトンネル、氷ソリ乗り場など、様々なイベントが開かれます。特に、ハヌル(空)公園のススキが搬送されてきたピョンファ(平和)公園は、子ども向けの冬の遊び場に様変わりしました。

    < ススキを活用した様々な見どころ‐ススキ迷路園、ススキのトンネル、冬の庭園 >

    「ススキ迷路園」は、ススキでつくられた迷路で、迷路の中央に銅鑼が置かれており、楽しい迷路体験を味わえます。また、「ススキのトンネル」(55m)には、ワールドカップ公園の歴史が一目でわかる写真が展示されているほか、動物の鳴き声センサーでワールドカップ公園に生息する動物の鳴き声を聞くことのできる音の遊び場も設置されています。入口に設けられた「冬の庭園」は、ススキや枯死木など様々なオブジェとLED照明で庭園が装飾されているほか、ススキ・フォトゾーンも設けられています。

    <2015 希望のトンネル >

    迷路園の周りにはイルミネーションで装飾された約60メートルの希望のトンネルが設置されており、夜間には幻想的な雰囲気を味わえます。

    < 氷ソリ乗り場 >

    ワールドカップ公園内のピョンファ(平和)公園では氷ソリ乗り場がオープンします。氷ソリ乗り場は、子どもは無料、18歳以上の大人は1千ウォンで、運営時間は午前10時~午後5時です。また、週末午後2~3時、土曜日はソリ滑り大会、日曜日はカーリング大会が開かれます。優勝者にはラッキーボックスが贈呈される予定です(毎週20人、計140人)。

    周辺には昔ながらの民俗遊び体験コーナーが設けられ、チェギ蹴りやフープ転がし、投壺、チゲ、伝統コマ回しなど遊び道具が用意され、市民がいつでも自由に体験できる様々な冬のプログラムも用意されています。

    また、12:00~16:00には、「思い出の焼きいも焼き体験」(材料費2千ウォン)や「天然カイロづくり」(材料費3千ウォン)など、寒さが吹き飛んでぽかぽかする体験プログラムもあります。

    2013年葦迷路園の全景