メインコンテンツに移動
T T

経済ニュース

  • 「ソウル食品創業センター」、スタートアップの海外進出をサポート

  • ソウル市総合ニュース SMG 629
    「ソウル食品創業センター」、スタートアップの海外進出をサポート
    入居企業の商品試食会 ハノイ国際食品展示会に参加
    入居企業によるネットワーキングデー COEXフードウィークに参加

    ビル・ゲイツが2013年に植物性代替肉の味に魅了され、投資したという「ビヨンド・ミート(Beyond Meat)」は、現在8兆ウォンを超える巨大企業として成長した。2020年1月、米ラスベガスで開催された「CES2020」では、「インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)」が代替肉バーガーを公開した。

    このような世界のフードトレンドに合わせて、韓国唯一の農食品分野創業インキュベーション施設であるソウル食品創業センター(Seoul Food Startup Center)にも、韓国料理のグローバル化をリードする有望企業の登場に対して期待が高まっている。

    ソウル市は、競争力のあるソウル食品創業センターの入居企業が海外に進出することを目標として、2020年の一年間、グローバル競争力の強化に集中する。

    ソウル食品創業センターは、3年間にわたりフードテックのイノベーション・スタートアップ70社に対するサポートを完了し、2019年には売上230憶ウォンと投資誘致44憶ウォンを達成するなどの成果を収めている。

    ソウル市は、下半期にソウル食品創業センターを拡大・移転して、高成長中の農食品関連スタートアップの安定的な成長基盤の構築に集中する。より多くのスタートアップがソウル市の体系的な支援を受けられるよう、現在年間50社が入居できるスペースを拡大して70社が入居できるようにする計画だ。

    移転される「ソウル食品創業センター」には、独自品質検査などに必要な研究開発関連の設備を備えた「農食品研究開発ラボ」を構築して入居企業の事業化費用を減らし、製品開発期間の短縮につながるようサポートする。