経済ニュース

A A
  • 「ソウル市雇用カフェ」、 就職コンサルティングやスタディルームを無料提供

    SMG 545
  • 「ソウル市雇用カフェ」、 就職コンサルティングやスタディルームを無料提供
    ソウル市青年雇用センター ピッチスタディカフェ
    ソウル市青年雇用センター ピッチスタディカフェ

    ソウルのチョンノ(鍾路)、シンチョン(新村)などの若者が集まる地域に位置する「雇用カフェ」は、最新の求人情報を提供し、就職相談、職務コンサルティングなどの様々な就職支援プログラムの運営からスタディルームの貸与まで、就職活動をしている18歳~39歳の若者のためのスペースである。プログラムやサービスはすべて無料となっている。

    スタディルームは、若者が就職の準備をする際に最も必要となるものであるため、ソウル市は、公共施設はもちろんスタディカフェや語学スクールなどの民間施設に雇用カフェを設け、2人~10人用のスタディルームを約60室、無料で貸与している。スタディルームの利用時間は、1人1日あたり最大3時間である。

    一方、ソウル市は現在78か所で運営中である雇用カフェを2018年に90か所まで拡大する予定である。若者の意見を持続的に取り入れることで、就職のための準備に実質的に役立つ需要者オーダーメイド型プログラムを拡大し、各人ごとの準備段階に対応した体系的な構成を行うことで上質なものにする計画だ。

    <ソウル市雇用カフェ>での就職支援プログラム参加およびスタディルームの貸与についての確認及び申請は、ソウル雇用ポータル(job.seoul.go.kr)から可能である。