中核政策ニュース

A A
  • 「ソウル市国語発展基本計画」策定 ソウル市を「ハングルの街」へ

    SMG 938
  • sejong

    第569回ハングルの日を機に、ソウル市は市の国語政策の道筋が盛り込まれた「ソウル特別市国語発展基本計画」を5年以内(2015~2019)に策定・施行します。同基本計画の特徴は、コミュニケーションの円滑化とハングルの文化的発展を主導すべく、市の力を結集して実行力を発揮することです。

    国語発展基本計画の3大目標は、▲公共言語の改善による市民とのコミュニケーションの円滑化▲国語使用環境の改善 ▲ハングルの発展と保全に向けた取り組みです。ソウル市は、市民とのコミュニケーションの円滑化に向け、わかりやすい行政用語の使用拡大など、公共言語の改善を推進します。

    正しい公共言語を使用する組織文化の構築に向け、各機関への公共言語評価を推進するとともに、読みやすい公文書の作成に向けて職員向けの公共言語教育を強化する計画です。

    また、ソウル市の都市イメージをハングルに基づいて診断し、ハングルの街ソウルのアイデンティティ確立に向けた「文字の街、ハングルの街ソウルを目指す統合デザイン事業」も推進します。